MBC野球発信局-袖番号96 伊東勉のページ。

17年9月から移籍。こちらでは社会人野球など野球中心の記述をします。

下記ランキング参加しています。にほんブログ村 野球ブログ 社会人野球へ
にほんブログ村

2017社会人野球。都市対抗&日本選手権本大会、東北代表など戦いの足跡。

 今晩は。年末社会人野球特集第3段は、記述しきれないでいた都市対抗&日本選手権の記述をしていきます。

 今年は両大会に2チームずつが進出。全国の強豪と相対しました。東北は試合結果記述を、その他は北海道、北信越、クラブチームについて触れます。

◎7月に行われた都市対抗野球には雨天順延の中日本製紙石巻が東北予選優勝、きらやか銀行がTDKをかわして2年連続でドーム進出を決めました。対戦相手は両チームともHonda系列のチーム。結果は下記の通りです。

日本製紙石巻0−4 ホンダ熊本

 石巻は左腕塚本が先発。立ち上がりはまずまずだったが、四回に2点を失い、以降は宝利やJR東北の西村、七十七田辺と継投するも後半2失点。打線もホンダ荒西に10奪三振を喫し完封での敗退。

きらやか銀行2−3 ホンダ鈴鹿

 去年に続く一勝を狙うきら銀は三回までに日山の適時打などで2−0とリード。しかし鈴鹿は五回に1点返すと、六回には2点をあげ逆転。3投手継投できら銀の反撃を封じ、勝ち上がった。きら銀は小島らが奮闘するも届かず。

 …東北勢は2チームとも初戦敗退。近隣の北海道代表・JR北海道クは補強の佐藤(室蘭)が住金東海REXに延長タイブレーク0−2で惜敗。北信越伏木海陸運送JR東日本の田嶋投手の前に宮口選手の1安打に封じられ0−3で敗れました。大会そのものは関東勢が軒並みベスト4に。東芝、MHPSを破った日本通運とNTT東日本で優勝を争い、NTTがシンボルチームとして統合後18年、ようやく優勝にたどり着きました。

◎続いては日本選手権。JABA東北大会を制した日本製紙石巻都市対抗に続いて本大会に。都市対抗では代表権争いに加われなかったJR東北が最終予選を勝ち抜きました。クラブ選手権代表の箕島球友会と併せた3試合の結果は以下の通りです。

日本製紙石巻2−4トヨタ自動車

 強豪トヨタに先手をとられ、3回までで0−2とされるが、三回、五回に篠川の適時打で同点に。宝利、塚本、米谷と継投し食らいつく石巻だが九回に2点勝ち越されそのまま敗退。密度の濃い一年の戦いを終えた。

◇和歌山箕島 3−5明治安田生命

 試合は序盤から激しく動いた。先制は箕島。しかし明治安田は二回に4点、三回に1点あげ序盤にリード。中盤から左腕和田が踏ん張り、四回と八回に1点ずつ返す箕島だが、近年力をつけてきた明治安田に届かなかった。

◇JR東北  2−0 住金日鐵広畑

 JR東北は成長著しい坂本を4番捕手に。篠原、高崎の適時打で五回までに2−0とペースを握ると、先発の西村が打者27に出塁を許さず完全試合で初戦突破。広畑は2投手力投も打線が封じ込まれた。

◇JR東北  1−5明治安田生命

 前試合の完全試合勝利で注目集めるJR東北は右のエース内山が先発。明治安田は二回に3点先制すると、七回に2点追加。大久保→黒萩と継投しJR東北を7回の1点に抑えベスト8に進出した。

 他に注目の2チーム。JR北海道クは日立と8安打ずつ打ち合ったが八回の2失点が響き0−2で惜敗。北信越フェデックスは三菱神戸高砂と延長16回の激闘の末1−4で敗れました(三菱の投手は富士大出の守安)。大会全体として。都市対抗優勝のNTT東日本を二回戦で破った(都市対抗のリベンジ)トヨタ自動車が、優勝。今大会は近畿勢も復調し、日本生命は準優勝、日本製薬はベスト4に勝ち名乗り。

 各々の大会予選では激しい鍔迫り合いを見せた東北代表チーム、全国大会ではJR東北の完全試合が目立ちましたが、他は総じて惜敗という結果になりました。06年のTDK優勝以来の全国優勝はまた期を改めての目標になります。年末特集はあとふたつ。「社会人野球岩手県まとめ」「一年雑感」でお伝えする予定です。お付きあいいただきありがとうございました。

下記ランキングに参加しています。にほんブログ村 野球ブログ 社会人野球へ
にほんブログ村