MBC野球発信局-袖番号96 伊東勉のページ。

17年9月から移籍。こちらでは社会人野球など野球中心の記述をします。

下記ランキング参加しています。にほんブログ村 野球ブログ 社会人野球へ
にほんブログ村
社会人野球ランキング

遠野、江刺、高田は2日連続勝利。ベスト8決定―クラブ選岩手予選2日めの結果【2022社会人野球】


f:id:b-itoh1975:20220628003616j:image
 今日は。日曜日も猛暑の中ではありましたがクラブ野球選手権岩手県予選が前沢、江刺両球場で二回戦5試合が行われ、第二週に進出する8チームが決まりました。岩手野球連盟の記事を基にして、雑感を記していきます。

▽二回戦 盛友クラブ 8―4 花巻硬友倶 
 初回に3点を失った花巻は三回に4点を返し逆転。しかし盛友クはその裏に3点を返して逆転すると、五、八回にダメ押し。投げても三投手が花巻打線の追撃をかわし逃げ切った。
▽二回戦 久慈クラブ 21―1 北上REDS 
 序盤に先手を奪った久慈は四、五回で15点のビッグイニングを作り北上を圧倒。3投手継投で1失点に抑え第二週進出。北上はよもやの劣勢を強いられ、中盤に本塁打で1点を返したがそこまでだった。
▽二回戦 オール江刺 8―2 釜石野球団
 第一週の山場と目された試合、二回まで両者点の取り合いの後、中盤はスコアボードに0が並んだが、終盤八回に江刺が釜石投手陣を急襲し4点を挙げ試合の流れを決定づけた。釜石は中盤に援護が欲しかった。
▽二回戦 遠野クラブ 7―2 住田硬式ク 
 一回戦コールド勝ちの遠野はこの試合も攻撃力を見せ、五回までに6得点を挙げるなどペースを渡さなかった。住田は投手としてはキャリアをつくり始めた選手をマウンドに上げたが洗礼を受け、後手に回ってしまったのが悔やまれる。
▽二回戦 高田クラブ 4―3 矢巾硬式ク 
 ここ数年柱となっている左腕投手が先発した高田は、打線も三回までに4得点と先手をとる。終盤矢巾が小刻みに反撃をし始めるが、チーム全体で踏ん張り1点差でかわしベスト8進出。

 …という具合で第一週一、二回戦13試合が行われ、ベスト8が固まりました。第二週は7月2日土曜日、7月3日日曜日に開催。2日は前沢、江刺両球場で準々決勝と準決勝のダブルヘッダーが行われ、東北大会に進出する2チームが決まります。
 先週後半辺りから天気が夏モードになりました。試合を見ても選手の暑さにかかわる体調の変化が見受けられたシーンも見られました。選手層の厚いチームだとそこに代わって入った選手も遜色ないプレーを見せたりもしますが、急遽その状態に至ったチームは戦い方を根本から変えざるを得ないものがあります。赤崎クも内野の要が途中で交代して、数年ぶりに内野を守った選手に「代わった所にボールは来る」というやつで沢山打球が行き、それでもこなせるあたり当該選手の野球センスの良さを感じさせられましたが、実際はしんどかったようです。
 では次回、金曜日の夜中までには大会3日めの見どころをつくれればと思います。皆様週の中の体調管理、気をつけてお過ごしください。

赤崎1勝もMKSIには苦杯―クラブ選岩手予選一日めの結果と二日めの見所【2022社会人野球】

※アップ遅れました。お詫びします。 
 こんにちは。今記事ではクラブ野球選手権岩手予選の第1日結果と、第2日見所を紹介していきます。
《前沢スポーツランド》
一回戦 オール不来方 5―4 一関BBC
 一関は五回までに3点をリード。不来方が一度逆転するが一関が追いつき延長かと思われたところ、不来方がサヨナラ勝ちを収めた。
二回戦 盛岡球友倶 13―2 前沢野球倶
 盛球は新鋭投手の力投と二度の集中打でコールド勝ち。3回に2点を失ったものの7回完投勝利。前沢も新人投手が登板したが盛球打線の洗礼を受けた。
二回戦 水沢駒形倶 7―0 オール不来方
 ダブルヘッダーとなった不来方は駒形の分厚い攻撃を防ごうとしたが、駒形は毎回のように点を積み重ね、終わってみれば七回コールドで第2週進出を決めた。
《江刺運動公園》
一回戦 赤崎野球ク 18―3 雫石クラブ
 本格的に復帰した赤崎クが五回の1イニング13点などで雫石クラブを圧倒しコールドで勝ち上がった。五回に雫石は1点を返して追い上げの姿勢を見せたが、その裏に勢いに乗った赤崎の攻撃を防ぎ止めることができず、七回に守備の乱れをついて2点を返したがここまでだった。
一回戦 オール江刺 10―0 黒陵クラブ
 企業チームに在籍した左の巧打者が加わった江刺は、二回に分厚い攻めでリードを奪い、中盤にも追加点を挙げて黒陵クにコールド勝ち。黒陵クは左のエースが熱投を見せたが江刺の強力打線を抑えるには至らなかった。
二回戦 MKSIBC 7―0 赤崎野球ク
 ダブルヘッダーとなった赤崎はエースが登板。近年力をつけているMKSIBCに挑んだが3回に先制本塁打を食らうなどなど小刻みに点を失い、8回の4点でダメ押しを食らいコールド。守備面で手応えを感じたものの、攻撃陣がMKSIBCの絶対的エースに機会を作れず完封負けを喫した。
《胆沢野球場》
一回戦 遠野クラブ 10―1 一戸桜陵ク
 遠野クが攻撃力を見せ、一戸にコールド勝ちをあげた。4回までに五点をリードした遠野は七回に大量5点をあげ、投げては近年登板機会の多い2投手が一戸を1点に抑えた。一戸は自分のペースに持ち込めず苦杯を喫した。
一回戦 高田クラブ 5―4 滝沢スイカーズ
 高田クが延長戦に至った競り合いを制した。五回まで両者点の取り合い。その後いったん試合が落ち着いたが九回にも1点ずつ取り合って延長に。最終的には高田が年季の差見せたが、滝沢スイカーズも手応えを感じた一戦となった。
 本来であれば赤崎クラブの試合に関しては何か書くというパターンなのでしょうが、何か書く前に暑さで体が参ってしまったので、今項では省略します。26日・日曜日に行われる試合の見どころです。
《前沢スポーツランド》
二回戦 盛友クラブ ― 花巻硬友倶
 両チーム共に都市対抗では大差の敗退。悔しさからの再出発を誓う。盛友は赤崎、一関とは競り合いを制してるだけにその部分をどう詰めるか。花巻は自身の良さを再確認して試合に臨みたい。
二回戦 北上REDS― 久慈クラブ
 前年全国大会進出の久慈ク、今年都市対抗でも1勝するなど、近年の経験がどういう意に試合に作用するか。北上は序盤ペースを握ったものの差し切られた都市対抗の悔しさを晴らしにこの大会に臨む。
二回戦 釜石野球団 ― オール江刺
 緒戦コールド勝ちの江刺は、近年苦杯を喫した釜石と当たる。釜石は実力に安定感がつき始めているだけにこの試合も互した戦いとなりそう。江刺は相手の良さをどう無効化し戦うか。
《江刺運動公園》
二回戦 住田硬式ク ― 遠野クラブ
 一回戦ではコールド勝ちで攻撃力を見せて勝ち上がってきた遠野は勢いに乗っている。住田も得点力には自信を持つがディフェンス力をどれだけ機能するか注目したい。
二回戦 矢巾硬式ク ― 高田クラブ
 延長に持ち込まれながらも勝ち上がった高田。左投手3枚プラス期待の右投手と投手が厚くなったのは強み。矢巾都市対抗県2勝。実戦は積み重ねているが、待ち受ける形となった今試合はどう入っていくか。

 今日も気温は高くなりそうな天気です。くれぐれもお体などお気をつけて試合に臨んでください。本日もお付き合いいただきありがとうございました。
 
 

岩手2代表枠をつかむのは…クラブ選岩手予選開幕、一日めの見所。【2022社会人野球】

f:id:b-itoh1975:20220624230922j:image
 今日は。しばらくぶりの記事制作になります。クラブチームの頂点を目指すクラブ野球選手権岩手予選は、6月25日(土)から開幕します。岩手県野球連盟ホームページに表示された記事を基に試合の見所を記していきます。

《前沢スポーツランド8時30分前開始予定》 
一)一関BBC ― オール不来方 
 一関はここ数年の新戦力加入が力になり都市対抗では2試合24得点という攻撃力を見せた。あとは失点を抑えられる手段を。不来方都市対抗で1勝をあげることができた。2試合完投の投手が今年の中心になりそうだ。
二)前沢野球倶 ― 盛岡球友倶 
 盛岡球友は都市対抗で 初戦を逆転勝ちしたものの、矢巾には先行を許し敗退。投打の噛み合わせを利かしたい。前沢は今シーズン初登場。チームに活気を持ち込む新戦力は入っただろうか。再伸長に向かう。
二)水沢駒形倶 ― 一関不来方勝者 
 前年県優勝、今年もクラブチームの中では一歩抜けた戦いをしている駒形はトーナメントの入りを確かに。第1試合勝者は試合の消耗+最強の相手という二つの苦難とどう向うか。
《江刺運動公園8時30分前開始予定》 
一)赤崎野球ク ― 雫石クラブ 
 2年ぶりの参加になる赤崎ク。都市対抗では実戦感覚を戻せず後半に逆転敗けを喫した。攻守に秀でた捕手の転籍加入がチームにどう化学反応を起こすか。雫石は今季初公式戦。2年前に“8失点を倍返し”で勝ち抜いた爆発力を発揮すれば手強い。 
一)オール江刺 ― 黒陵クラブ 
 岩手クラブ界を支えてきたオール江刺だが、ここ2年はMKSIの伸長に圧されている場面も。それをはね除けるための闘いを。黒陵クは今期初参戦。攻撃陣は一定の自力を保ち続けているが投手陣の形成をどう図るか。 
二)MKSIBC ― 赤崎雫石の勝者 
 19年のク選東北予選進出以来、都市対抗県予選4位、福島市長旗2勝などトーナメントでも戦える体制をつくったMKSIはトップを狙いに行くか。第1試合勝者はいかに連戦体制を整えられるかがカギ。競り合いに持っていきたい。 
《胆沢野球場8時30分前開始予定》 
一)遠野クラブ ― 一戸桜陵ク 
 ここ10年着実に成長を重ねる一戸。駒形相手でも僅差に持ち込めるようになったチームの次の目標は「10年ぶりの東北行き」。遠野は攻撃の質が“柔”から“剛”になった印象。ここ何年かで再整備の投手がカギ。 
一)高田クラブ ― 滝沢スイカーズ 
 高田は近年加入した捕手の存在が攻守にわたってチーム力上昇の鍵を握る。右投手の強化も図っていきたい。滝沢はデビュー戦となった都市対抗では苦杯。「手応え」重ねつつ成長をしていく戦いを。
 と、見所を記してきました。天気予報は昼間には晴れていく予報となりますが、全国一般の予報として高温になるという話も聞いています。どの状態になっても対応できるようにしてお出かけください。

▽各県の進行状況 
 ここ2年は東京五輪の影響もあり、県によっては前年秋に一次予選をした箇所もありました。例年通りの日程に戻った今年は、高校野球が始まる7月に入る前までに二次予選進出チームが決まります。各県の様子を一球速報(https://baseball.omyutech.com/)サイトの情報を基に記します。
《青森》弘前アレッズ、全弘前倶楽部、キングブリザード3チームでリーグ戦。弘前アレッズが両者に勝ち東北進出決定。 
《秋田》8チームエントリ。前年CC優勝のGLANZが決勝進出もゴールデンリバースが大勝し東北に。 
《宮城》打倒マークス一番手のTFUクが準決勝で敗退。東北マークスが強さ見せ優勝。TFUに勝った大崎トリプルクラウンも二次予選進出。 
《山形》鶴岡野球ク、新庄球友クに今年から新たに加わった片山商会BCでリーグ戦。都市対抗で片山に敗れた鶴岡野球クがリベンジ果たし東北に。
《福島》今年から全面的に復帰したエフコムBCだが、準決勝で全白河に敗戦。第三代表戦で勝って東北行きは決めたが大きなトピックに。優勝はオールいわき、全白河クラブは準優勝。

 クラブ野球選手権岩手予選は今日からの開幕でしたが、他5県はすでに代表が決まっていたようです。何にしても無事に終わっていただくことを願うものです。

都市対抗野球―「居続けること」だけでも簡単でないことは覚えましょうか。

 3日から都市対抗野球の東北予選も始まり、岩手勢は水沢駒形倶が弘前アレッズに逆転勝ち、JR盛岡はオールいわきにコールド勝ちという結果を見せ、今日は岩手3チーム勢揃いです。

 Twitter、書くのはやめていますが、見るのは続けていて、玉石混合だというのは知っていてもチン、と障るものが。
 「〜〜県は弱い、毎回二次予選に出ては■■負けを繰り返す、影が薄い〜」
 ああそうですかはいはい。
 そりゃ確かに、二次予選に出ると全国規模の大企業が、その威信をかけてぶつかってきて、それさ地域のクラブチームが臨むにゃ簡単でなく、一時は加盟2チームになったり、8チームまで増えたかと思えば半分やめたり。でも21世紀に入ってから記憶にあるだけでも4チームが新たに加わって、文字通りの「都市対抗の野球」で賑わっているわけでしてねえ。ある条件のなかでは目一杯頑張っているのですよ。
 それを虚仮にされたくはないわ。
 わかんないならわかんないなりにモノ語るのは結構ですが、土足で顔踏むようなまねはしないでくださいね。まして、直接に貶されたチームは友情応援を検討したチームなので。
 てなわけで雑感以上。豆腐食って寝ます。

きょう3日からはじまる都市対抗野球東北予選雑感【2022社会人野球】

https://mainichi.jp/articles/20220601/k00/00m/050/208000

 きょう3日からはじまる都市対抗野球東北予選記事は上記リンクで。

 この中では近年代表経験のある6チームについて触れられていましたが、

・各支社が責任を持ち、社業を中心に運営しているJR盛岡、JR秋田。

・昨年は第二代表トーナメントの準決勝まで勝ち上がった水沢駒形。

・ここ10年近く東北大会に安定的に出場しているオールいわき。

・チームの形態の変更とコロナ禍の影響を受け久しぶりに東北の戦いに戻ってきたエフコムBC

・そしてここ2年、県全体として東北大会に臨むことができなかった青森代表の弘前アレッズ

 …と、これらのチームも虎視眈々と自分達のベストを目指して戦いに臨んできます。どうしても注目点は「ドーム行き争い」になるのでしょうが、それぞれの地域を代表するチームがどういう立ち振舞いを見せるか、にも注目していきます。

 もうひとつ。

 「開催地は東北進出枠プラス1」が得られるはずなのですが、今年の山形はその対象にならなかったのが残念です。

 

※記事製作がままならないのはご容赦ください。

ありがとう、そしてさようなら岩手県営球場。

 はじめて岩手県営野球場に行ったのは1988年、中学1年の時だった。
 中学の野球部に入り5月の大型連休は1年生休み。何しようかな、と思ったときに目についたのが岩手県営野球場(以下“県営”)で行われるイースタンリーグのトーナメントだった。親父にねだって盛岡に。
 大会初日は一回戦2試合。ジャイアンツ対ファイターズ、ライオンズ対オリオンズ(いまはマリーンズ)。第1試合は松原靖投手の好投でジャイアンツが勝利。この試合は後に旋風起こした呂明賜選手も出場。第2試合は金森栄治選手も出場したライオンズが勝った記憶がある。一軍の有名どころは少なかったが、プロの世界をはじめて目の当たりにできた興奮は忘れられない。

昔はここにパチンコ屋あったのかな?俺が野球見ているとき親父はここにいました笑
 大船渡農業高校に入学し、高校野球に身を置くと、県営は「大舞台」の場となった。1年の夏(91年)二回戦、大原商との試合は猛打戦ならぬ「猛四球戦」。両チーム29四死球の大荒れ試合を12―7で制し、当時唯一の3年生に勝利をプレゼント。92年の2年夏は一回戦を勝った後二回戦で一関一高と対戦。前試合終了後にどこかのバカ(←お前だお前)が「意気込み語ったつもりが大挑発」やらかしてしまい、滅多くそに打たれ2―10で負けた苦い思い出も。
 開会式は県営で行われるから、年に一度はその地を踏む。92年まではセンターやや左翼側にあった手書き式のスコアボードが、93年からはいまの電光掲示板になったが、三年夏の試合は花巻(岩谷堂に0―2)で、大農自体も70年代は何回か県営で試合をした模様だけど、当時はテレビ中継は多くなく、88年以降では90年からの3年間以外県営での試合は行わないまま、07年に学校統合で活動を終えた。

 そして、社会人野球。
 95年に佐藤組北上球友(いまの北上REDS)に入部し、その活動をはじめてから、県営で様々なドラマを体験した(98年〜赤崎野球ク)。
「対岩銀、社会人野球の厳しさ(95年)」
「“上”を意識し始めた対JA(98年)」
「天候大荒れ、4試合終了は夜11時(00年)」
「東北行きかけた“大船渡市代表決定戦”(01年)」
「苦境岩手社会人の責任負う“県2連覇”(04、05年)」
「第一回クラブカップ、苫小牧との激戦(06年)」
「対盛友、あわや“人生のラストゲーム”(09年)」
延長15回譲らず、対江刺引き分け再試合(09年)」
「赤崎、高田、釜石…大震災からの帰還(12年)」
トヨタ自東31年ぶりの岩手県勢東北制覇(18年)」

 ‥‥‥‥。
 また、気仙地区の後輩(高校野球)たちの奮闘も「大船渡、高田ふくめベスト4公立独占(94年)」「大船渡決勝進出(98年)」「大船渡東ベスト4(17年)」、そして「佐々木朗希、大船渡最後の試合(19年)」と。


 2022年5月21日、私は岩手県営野球場に。
 都市対抗野球を伝える記事で「県営は今年で最後」の文字が目に入って。この後高校野球もあるが、その時は見に来る体力は残らないので、「最後の県営、見届けよう」とやって来た。

 グラウンドはトヨタ自東と水沢駒形倶の決勝戦が展開されていて、内野席各地を移動しながらその模様を見ていた。申し訳ない話、物思いにも耽りながら。

 県営の以前に「岩手の中心」だった盛岡市営球場(1938年ころ創設)は、いまも軟式野球・少年部硬式野球会場として利用されているが、県営の「今後」に関しては厳しい見通し。公的な施設の設置が厳しいのは自分もわかっているが、硬式野球をする環境、という意味では「ダウンサイジングしても(例・ナゴヤ球場)残ってほしい」とも。

 都市対抗野球岩手予選は、トヨタ自東の10年連続優勝、水沢駒形倶、JR盛岡の東北大会出場で幕を閉じた。

 1970年の使用開始後、岩手野球の“メッカ”として多くの野球人のプレーを受け止めてきた。

 球場に来るまでのアクセスも様変わりしたけど、4号線から入って、坂道をがーっと登って、左側に自販機やら野菜の無人販売があるスペースまで来ると、県営が見える。緑一色の内野観戦席はさしずめ山脈。血が騒ぐって感覚、それを覚えたものだ。

 先に述べた事情で、県営に来るのはこれが最後になるかもしれない。「あとで来とけばよかった」という思いはしたくなかったので、この日にしっかり「お別れ」をしてきた次第です。

 長年、野球人の集う場であり続けたことに感謝。
 フライング気味ですが、、新たにできる野球場も「そういう場」になることを願います。

                        大船渡市出身 伊東 勉

都市対抗野球第3週開催の前に。『復帰50年』沖縄社会人野球の足跡/山梨行きから写真3枚。

 土曜日曜と岩手県営球場でトヨタ自動車東日本、JR盛岡、水沢駒形、MKSIBCの4チームで東北予選進出3チームと大会優勝をかけた試合が行われます…と出だし書いておいてから、中身は別になるのをお許しください。

(1)復帰までの沖縄社会人野球の歴史について、下記の通り一覧表をつくりました。Facebookでは手書きで書きましたが、字が下手くそということもありまして清書。

 過日、TBSラジオの「セッション(午後3時半〜5時半、岩手で聴くにはラジコプレミアムか番組HPのポッドキャストを #ss954)」で下記の通り取り上げられていました

www.tbsradio.jp

が、それも併せて含めて、グランドの上の結果を表す前に『グランドに立つまでにしなければならない事』が多かった事を考えると、沖縄野球の盛況は「多難な道をはねのけての獲得したもの」だったんだな、というのを感じさせられました。

(2)もうひとつ。4月に山梨に行って来ました。下記に報告の落書きイラストと、山梨県営飯田球場、改修中の甲府市営緑ヶ丘球場、夜中3時に通りかかったJR奥多摩駅の3枚の写真を貼って報告に変えます。

 都市対抗野球予選で東北の舞台をかけて戦う皆様の健闘を願っています。

都市対抗岩手予選は第二週まで終了。計2時間の観戦から/第三週はベスト4の争い。【2022社会人野球】

 第一週会場の北上市江釣子球場。

 去年までは、曲がりなりにもリアルタイムに書いていた社会人野球の記事ですが、幾度か語っている通りの状況もあり、今年はリアルタイムの記述は断念せざるを得なくなっています。
 岩手の都市対抗野球は3週間にわたって行われます。第1週は近隣の北上で行われましたが関与する赤崎野球クラブの試合は見ることができず、翌日行われた滝沢スイカーズの試合を約1時間見たのみ(詳細はPSにて)。第2週もオール江刺―久慈クラブという前年クラブ選手権本大会に出た両チームを見ておきたかったのですが、これも所要によって果たせず。別の試合、水沢駒形倶―盛友クラブとの試合を1時間見てきました。

 最終スコアから語れば…30―0。26年前に1イニング28得点+1試合37得点という試合を見ましたが、奇しくもその試合会場も金ケ崎町森山運動公園。盛友クラブもそんな点数とられるチームじゃないはずですが、色々な意味での噛み合わせが悪い方に働いてしまったのかなと見ています。
 水沢駒形倶は近年、企業チーム在籍経験者が加わり、去年の都市対抗では東北4位に食い込みましたが、今年も一人、「企業チームのエース」が 加わったんですね。ただでさえ手強いところに更にとんでもない投手が来たものだ、と思いながら見に来たわけです。
 6回にその「企業のエース」が登板した時に、右目の端に面白い光景があったんですよ。やたら力強いハイハイをする子どもを見かけまして。まだ一歳にもなんないかな、野球見てもなんだかわからないから何かボール遊びしてたみたいだけど、そのボールの投げぷりも良くて、あと3年もしたら俺よりいいボール投げるんじゃないんですかってくらい元気な姿が目に入るところに、さらに変わった挙動をし始めたんです。
 最初ご家族にしがみついていたかと思えば、なんと立った!2本足で立った!クララ見て見て立ったよ(意味不明)、という「感動の1場面」を見させていただきました。元気に育てよー。
 なんかこういう場に居合わせたということが嬉しかったですね。そんな感じで野球のグランドから目を離してるうちに、「元企業エース」見逃してしまいました。ごめんなさい一球も見てなかった(←絶望的にバカ)。

 気を取り直して。
 第三週、できれば決勝戦は見届けておきたいと。来年盛岡に新球場ができるでしょう。もしかしたら今の岩手県営球場で都市対抗見るのは最後かもしれないということで、一つの歴史の転換点として、体調を整えられれば見に行こうと思います。今度はちゃんと野球見るよ(当たり前じゃ)。
 おつき合いいただきありがとうございました。

PS 第一週部分について。土曜日には午前に赤崎ク、夕方に住田クの皆様にあいさつはしましたが試合の観戦はならず。写真1枚めは新しく加盟した滝沢スイカーズ。江南義塾盛岡高校の関係者が中心になって滝沢市で作ったチーム。初戦は厳しい結果になりましたが一歩目を踏み出せたことが何よりです。時間ギリギリでしたが第2試合では「この人を(チームとして)超えなければ」と情熱を燃やした岩手銀行→盛岡球友倶の荒川俊哉選手がスタメン出場をしていたので、第1打席を見届けてきました(写真2枚め)。

第93回都市対抗野球岩手予選の私の行動について(2報)。

 過日、親戚がなくなったことに加え、精神的なヒューズを飛ばす出来事が毎月起き、長い時間野球場にいることが難しくなりました。応援活動は今年も不可能(ほとんど私の要因で)です。ダメージも昨冬からのが抜けず、ブログ記事は速報体制(毎日の記述)ができません。この部分は改めて記しますが、当ブログ記事は「備忘録」の扱いになります。

 年々やれることが少なくなります。なんとか、目線だけは切らさずにいたいです。

下記ランキングに参加しています。にほんブログ村 野球ブログ 社会人野球へ
にほんブログ村