MBC野球発信局-袖番号96 伊東勉のページ。

17年9月から移籍。こちらでは社会人野球など野球中心の記述をします。

下記ランキング参加しています。にほんブログ村 野球ブログ 社会人野球へ
にほんブログ村

2018社会人野球 毎日旗岩手県秋季大会1日目の見所。

 今日は。9月二度目の三連休に行われる毎日旗秋季大会は今日からがスタートです。都市対抗、クラブ選手権、日本選手権へと挑む機会はなくなりましたが、東北を舞台にたたかう機会はあと一つ残っています。初日、二日目はクラブの部トーナメント(参加9チーム)が、三日目は企業の部対抗戦と、毎日旗争奪戦が行われ、クラブの部優勝チームと企業の部優勝チームは東北会長大会に進出。去年は企業の部が自衛隊青森以外の8チーム参加で行われたので、今年も同じになるか、はたまた変わるかいまのところ情報がありません。とりあえずというわけではありませんが今日行われるクラブの部一回戦、二回戦のカードを紹介します。

◆野田RS第一試合 久慈クラブ-一戸桜陵ク
 久慈クラブは今季3大会参加して一勝も、不意打ちさえ食らわなければしっかりとした試合展開に持って行ける様子も見えた。年に一度の地元開催でどこまでいいとこ見せられるか。打線が援護したい。
 一戸は弘前大会も経験し、主要大会ではそれぞれ一勝づつあげている。坂井、深田の二本柱に川向、米沢とパワータイプの投手も台頭。槻舘が攻守に存在感を見せ打線に厚み。あとはメンバーも変わりつつあるので試合運びのバリエーションを。
 両チームともこの後にダブルヘッダー第二試合も控えるのでベンチワークも験される。

◆野田RS第二試合 盛友クラブ-雫石クラブ
 前年北・東交流大会進出を果たした盛友だが、今季は各大会でよもやの序盤戦敗退で不完全燃焼状態に。以前にも躍進→マーク受けての苦戦を経験していただけに、武田、畠山を先頭に地力発揮と行きたいところだ。
 雫石はクラブ選手権、クラブカップと参加してきたがともに緒戦敗退。だが一時期盛岡一高の投手陣を形成した及川、小野寺が登板できる状況にもなった。去年は接戦に持って行ったこの大会で今度は勝利をもぎ取る。

◆野田RS第三試合 水沢駒形倶-第一試合勝者
 知事選、都市対抗県予選までは強みを多くつくれたが、都市対抗東北で企業チームに苦杯を喫し、クラブ選では全国行きを逃す結果に。一か月半ぶりの公式戦で「再起ロード」を走り出す。厚い選手層で競争も図りたい。
 第一試合勝者はいかにベストな状況でこの強豪と相対できるか。

◆洋野OV第一試合 前沢野球倶-宮古倶楽部
 前年の大会では高橋の3連投でベスト4まで勝ち上がった前沢、今年は都市対抗での一勝のみと盛友ク同様躍進した分のマークを受け苦戦中。今回は千葉、萬も戦列に加わっての躍進となるか。阿部先頭に勢い乗りたい。
 宮古倶はクラブ選手権で三回戦まで進出。原の好投で駒形ともまず戦えた。投手陣の集合具合では15年クラブカップ以来の東北も狙えるか。好打者加わりつつある打線で援護し、先行していきたい。

◆洋野OV第二試合 MKSI-オール江刺
 今季は都市対抗、クラブカップで各2勝、後者では初の東北進出かとも思われたが釜石にあと一歩届かなかった。投手陣は田村など主要3投手で戦う形もつくられた。打線も確実に強化。経験を積んできた。
 江刺は都市対抗県4位、クラブ選手権では敗者戦で同県の駒形と当ってしまい惜敗。投手陣再編成が宿題となっていたが、多くの若年代選手が成長し、宿題はもう一段階アップ。吉田、岩城などの次世代選手が如何に頑張るか。
 両チームは都市対抗予選でも相対し5-1で江刺が勝ったが、今シーズン通じての成長がどっちに結果として結びつくか注目。

 何とか書き上げるのがやっとでした。同じ日に高校野球の準決勝が行われますので注目はそちらに向かうのかもしれませんが、そんでも今年最後の上位に結びつく大会です。昨日は雨も降りましたが、皆さんお体ばん息をつけて試合に臨まれてください。

2018高校野球 見損ねた大船渡−盛岡三の雑感+佐々木朗希君の成長の仕方。

f:id:b-itoh1975:20180917025003j:plain

 今晩は。秋季高校野球岩手大会の雑感を記します。

 いやー、大船渡の佐々木朗希君が157キロまでいきましたか。無論、速球が。

 ここまで数試合の試合レポートを見ていると、能力最大発揮は初回、二回に行なって、あとは実戦を強く意識した投球に徹している感を受けます。スピード出るのは当然序盤の「能力〜」ですが、その時は四球でランナー出して攻略受けることも(例:18春盛岡中央、18夏盛岡三、18秋高田)あるようです。

 今日の日刊スポーツ東北面に着目した一文がありました。トヨタ自東の千葉英太投手がいま高校生の弟さんに授けた言葉「高校野球は短い(要旨)」。私自身も二年数ヵ月過ごしていたくせに忘れがちになりますが、ほんにあっという間。その中で「能力の最大値アップ」と「試合を勝利に持っていける投手としての姿勢」、両方高いレベルで取り組まにゃならない佐々木君の模索している様子がこれなんだな、と思って見守る事にします。

 大船渡は佐々木朗希君ばりじゃない。今日本塁打を放った木下君も、たまたま見た試合でその能力の一端を見ましたが、急加速して能力発揮。同様の形で見かけた右横手の柴田、左横手の名前不詳(←無論これが名前じゃないよ汗)両投手にも注目しています。

 いかにも見てきたかのように書いていますが、実は開催された金ヶ崎町森山球場にたどり着けませんでした。何しろ…第一第二第三第四第五第六第七駐車場全部満車!それ以上に遠い箇所は球場着くまでに俺が持ちません。このあとは気仙勢見に行けないので何らかの情報媒体から頑張りを見届けることにします。お付き合いいただきありがとうございました。

18年09/16野球記事製作日記。

 今晩は。旅行に出ていた間交代していただいた仕事の代出もあり、下調べが必要な記事を作ることができていません。

 いま、宿題として残している記事は一つずつ仕上げて、弘前大会は9割、東北クラブカップは5割、全日本軟式野球大会は4割、クラブ野球選手権は11日記載予定だった記事は3割、12、13日(準々決勝〜決勝戦)一括記事は未着手。今週末の毎日旗秋季大会はこれら宿題群とは別に金曜までの完成目指します。宿題群はいま行っている仕事を優先させていますので完遂は後になります。

今年の大型旅行を終えて−目的地編成についての裏話をここで記しておきます−野球発信局vor.−

Facebook、ブログ本体とほぼ同内容の記事です。

 

 今日は。金曜夜からの五泊五日の旅行も無事に終わり帰ってきました。

 例年9月に大型の旅行をしますが、元々社会人野球・クラブ野球選手権または東北クラブカップに合わせて遠距離遠征できるよう算段して計画。が、この二つの大会は勝ち抜かなければ行くことはできません。残念ながら両大会とも7月に行われた県大会で敗退。今期参加予定大会を終了したので今年も自由設定の旅行を行うことに。

 ちなみに過去2年は

【16年】所沢・西武ドーム→東京都奥多摩→東京都檜原→神奈川県「やまゆり園」

【17年】埼玉スタジアムシャペコエンセ浦和レッズ」。

 以上踏まえて検討しはじめました。当初は以下の選択肢に。

 

1−A)東日本フリー切符(約12000円で各駅普通車乗り放題)利用し北海道。稚内、歌志内、夕張を目的地に。

1−B)フェリー移動で北海道。目的地は同じだが車(レンタルor自家用車)移動。

2)車移動で長野県栄村→西武ドームに。栄村行くルートは米沢から121号→会津若松→魚沼。栄村→西武ドーム国道17号線ルートで。帰りは4号線。

 

 最初に外れたのが北海道。ネックになったのが「どの手段経るにしても津軽海峡越えるだけで大きい負担」。この点だけで言えば、北海道新幹線はしんどいです。代替がないのが辛い。

 次に外れたのが栄村。「3・11」関連被災地ですし、行きたかったのですが、こちらも道路事情を主因に断念。栃木の親戚に寄るのを必須にしていたので、山形→会津若松→日光ルートに。ここまで来たから、と足尾を追加。

 出発直前起きた北海道胆振地震山形県で行われている全日本軟式野球大会に参加している北海道・六花亭を見るコースを追加(南北海道地区の代表はコースから大きく離れた箇所が会場なので断念)、更に西武ドームで見る必須カードを2日目登場の富士通、東北マークスから1日目の北海道・ウイン北広島−ロキテクノに変更。そこらを確定させて金曜夜から旅路に出ました。

 

 道中も色々見てきて、特に会津若松以南は初めて見るでしょ。色々面白い光景見ることできて何よりでした。何日か前に書いたけど北海道の両チームの野球にはしびれるものが。北広島は大会ベスト4に進出。足尾については銅山がもたらした正負の影響と、いまこの場でいきる人の逞しさを見てきました。

 体調などもあり東北マークス、富士通、大和高田等が出る火曜日の試合は見ずに帰ってきましたが、その“おまけ”で思わぬ箇所に寄ることができました。それは後刻のお楽しみにしてください。

 居住地に帰ってきて、あっという間に日常に紛れています。夏休み明けの子どもたちは皆こんな感じですかね笑。記事製作はこれまでの宿題分と合わせて今年中に収まるように(全部が、です)していきます。長文お付き合いいただきありがとうございました。

 しばらく仕事もあり、SNSの本格記述が継続的にできない状況であることをおことわりします。

クラブ野球選手権の記事について

 ウイン北広島とロキテクノBC、いい試合を見ました。

 今までなら何らかの記事を記すべきところですが、別件所用と併せて厳しい日程してきたので、そこら辺考えると当初の予定通り明日夕方まで野球見ていると翌日帰り着かないと判断。明日午前から帰宅の途につきます。ブログ記事も同様の理由で記すことができません。ご了承ください。

クラブ野球選手権の速報について

 途中瞬間的な豪雨に見舞われましたが、西武ドームにもう少しで着きます。第4試合「ウイン北広島−ロキテクノBC」はこの後の開催です。

 これまでは拙稿Twitterで速報をお伝えしてきましたが、私の管理するTwitterアカウントはすべて永久凍結しました。復帰もできません。よって稼動しているこのブログアカウントにて速報を入れていきます。どんな形かは全日本軟式野球大会に倣います。

 

※9月14日 思ったように端末を動かせず、記事制作がなりませんでした。

2018社会人野球 クラブ選手権開幕。第1日出場チーム紹介。

 こんにちは。皆様いかがお過ごしでしょうか。自然災害多々起きていますが、その中でもクラブ野球選手権は行われます。過日は山形県で全日本軟式野球大会を見てきました。軟式野球最高の大会、硬式社会人野球でいう都市対抗のような大会で「全国にはまだまだおれの見ていないすごい野球がある」というのを感じてきた次第です。

 硬式野球のクラブチームのナンバーワンを決める大会も9月10日から開幕。今年は残念ながら岩手県からの出場チームはありませんが、西武ドームに集結した選手たちの、そして選手を応援する人たちのを様子を見届けてきます。10日に出場する8チームの紹介をしていきます。

◇第1試合 和歌山箕島球友会−弘前アレッズ

 ここ5年で全国制覇3回。押しも押されもせぬ強豪チームにのし上がった箕島は、今年も強さを見せ、大阪和歌山予選一次予選を免除されて臨んだ西近畿二次予選で兵庫県警、NOMOに勝ち抜き本大会出場を果たした。去年優勝の原動力となった二人のピッチャーは健在。都市対抗予選では2連敗に終わり、主力打者の穴田の勇退など選手の異動はあるが、強固な後援体制に支えられ、全国制覇、更に日本選手権一勝を目指す。

 去年は全国を逃した弘前は、監督が交代。新体制で臨んだ今年度は主軸に頼りきりにしない姿勢を示し、クラブ選手権東北予選でも山口が救援に回り山上、久米田、諏訪などが踏ん張ると、最後は水沢駒形を破り本大会進出を勝ち取った。全国出場チームレベルではは珍しく指名打者をあまり使わないスタイル。いわゆる二刀流ぞろい。弘前市民球団がいかに西武ドームで旋風を起こすか注目したい。

◇第2試合 ビッグ開発BC−REVENGE99

 16年に全国制覇をしたビッグ開発も、去年は水沢駒形の馬場に不覚をとり、一回戦で敗れた。都市対抗予選は対企業4連敗。しかしク選予選ではてるクリニック、佐賀魂、嘉麻市バーニングヒーローズにそれぞれ勝ち、代表決定戦鹿児島ドリームウエーブ戦でも終盤に突き放して優勝・西武ドーム行きを決めた。選手の入れ替わりはあるが=で新戦力の台頭も。2年ぶりの優勝を目指して戦いに挑む。

 かねてファンの間で実力派と呼ばれていたREVENGE99がようやく全国の舞台に名乗りをあげた。一昨年は都市対抗に補強選手を配出。去年はク選二次予選で足利を破るも本大会を逃していた。今年は都市対抗二次予選で鷺宮製作所にあわやというところまで追い詰め、ク選二次では横浜球友に競り勝つと、サウザンリーフ市原との代表決定戦で中川が完封。念願の西武ドーム進出を果たした。クラブチームブームが起きる前夜に結成されたチームは体制も練り上げつつ大舞台を勝ち取った。実力発揮したい。

◇第3試合 所沢グリーンBC−ゴールデンリバース

 3年振りに西武ドームに帰って来た全国優勝経験有する所沢。ク選兼都市対抗一次予選はクラブ部分では勝ち抜くも、都市対抗部分で予選敗退。地元埼玉で臨んだ二次予選で近くて大きい大舞台に進出を決めた。地元中の地元の開催でありチアリーディングを中心とした応援団も健在と。意気たかく挑んで2010年以来の優勝を目指す。

 2年前は我々あわやノーヒットノーラン−から去年は全国一勝をあげたゴールデンリバースは、TDKからの転部者も加わり、より力強さを増して3年連続の全国大会進出。小沼など腕自慢の投手陣、更にそれを支える捕手に四番も打てる菊池に存在感。前身チームのユーランドクラブ時代から東北屈指の実力を持ち、東北上位で戦い続けてきた。最終日まで勝ち上がり、甲子園で活躍を見せた金足農業高校に続く活躍を期待したい。

◇ウイン北広島−ロキテクノBC

 ここ数年北海道で強さを見せていたのはWEEDしらおいやトランシスだったが、それを打ち破り7年ぶりの西武ドーム進出を果たした。ここ数年来北海道内でも辛酸をなめ、今年も都市対抗では二次予選に絡めなかった。ク選では函館、ホーネッツに勝ち、反対ブロックでライバルWEEDに勝ったトランシスに吉田が完封。大会直前に襲った北海道大地震の影響は北広島市でもあり、その中で臨む大会となる。強い意思もち戦いたい。

 これまでは北陸ブロックの強敵に上位進出を阻まれてきたロキテクノ、打撃力を強化し壁を破った。今年に入って都市対抗予選で富山に勝つと二次予選も強豪信越クに互角の戦い。ク選一次予選では金沢HBC、バンディッツクに大勝し、二次予選でも佐渡軍団、新潟コマーシャルに大勝、去年準決勝で競り負けた千曲川に対しても先制攻撃をかまし優勝を勝ちとった。ロキテクノも雌伏を経ての本大会。存分に実力を発揮して戦いたい

 当日朝の完成でしたが、ひとまず記事を起こすことができました。大会を直前にNOMO、箕島や大和高田などが所属する近畿地域は台風に、ウイン北広島は出発直前に北海道胆振地区の大地震に見舞われました。もともと参加するだけのも大変で、参加するための準備を作るというところから戦いが始まるのが社会人野球。今回は個人個人の事情だけでは済まされない重大な事態があちこちで。北広島も大会には参加しますが震災対応で来られなくなった選手も多くいると聞きます。

 大基本として、グラウンドに現れた選手が一生懸命に頑張ることを望みますし、その姿を見てとどう思うか…これからの野球でも人生でも、それぞれにおける糧となるようなクラブ選手権にしていただきたいと思います。こういう記述ですが、お付き合いいただきましてありがとうございます。

 ロキテクノ−北広島の試合を見届ける予定です。

2018社会人野球 日本選手権東北最終予選でトヨタ自東6時間の激闘も惜敗。東北代表はJR東北に。

※クラブ野球選手権初日記事はただいま制作中です。ひとまず完成させていた当記事をアップします。

 今日は。日本選手権東北最終予選の第2日以降結果をお知らせします。岩手は集中的な降雨と湿気のこもった天気で内蔵がつぶれそうな天気で、会場の仙台&石巻もそんなような天気でした。

七十七銀行 12−1 JR盛岡

 都市対抗でよもやの苦戦を演じた相手に、今回は持ち味を存分に発揮した七十七が準決勝に勝ち上がった。攻撃面では毎回のように複数得点、投げても成長株鈴木天以下3投手の継投で1失点。JR盛岡は河内山以下壮若織り混ぜ5投手が攻略受け、関口が打で見せどころを作ったが及ばなかった。

◇JR東北 4−3 TDK

 佐藤監督体制で東北レベルで初の大会。到150キロ投手の小木田を先発に立てたが、JR東北は初回3点奪い優位に。以降はTDK投手陣が落ち着き、佐藤弘の本塁打などで追い上げたが、JRの追加点が効き逃げ切った。

 大会2日目で一回戦4試合が終了。大会3日目は準決勝2試合が行われましたが、壮絶なものとなりました。

きらやか銀行 5−4 トヨタ自動車東日本

 雨天もあり予定より一時間遅れての開始。きら銀が先行するが、トヨタ東はその後小刻みに点を加え、7回までに3−1とリードし返す。

 ここまで好投してきた阿世知だが、きら銀は八回に攻略し同点に。以降は共に救援したきら銀市毛、トヨタ東吉橋→中里の力投で得点を奪える雰囲気をつくらせず試合進行。

 「延長18回で決着つかなければ翌日再試合」が伝えられた直後、きら銀は最後の力を振り絞り2点奪取。その裏にきら銀は三浦をクローザーに使い、トヨタ東に1点差までは詰められたが逃げ切り決勝に。トヨタ東は夏秋連続のドーム行きは成らなかった。

◇JR東北 5−4 七十七銀行

 前試合の激戦で試合開始が4時間ずれての開催。ペースを先に握ったのは二回までに3−0とリードしたJR。しかし夏ドーム行きの七十七銀は五回に集中打を見せ4得点で逆転。都市対抗予選でそのまま押しきられたJRは「二度も繰り返さじ」と七回に再逆転し、ナイターにまで至ったゲームを制した。

 2試合ともすざましい試合になり、共に都市対抗出場チームを同予選敗退チームが破るという結果に。秋のドーム進出はJR東北か、きら銀か。

◇JR東北 5−1 きらやか銀行

 前日6時間戦ったきら銀、試合終了後12時間後で決勝戦のJR東北、どっちがシビアな状況をクリアするか注目されたが、中盤にエース小島をはじめとしたきら銀投手陣を攻略し、投げても加藤が1失点完投したJRが勝ち抜き、連続の大阪ドーム行きを決めた。きら銀は建部が本塁打を放ったもののJR東北を追いきれなかった。

 表彰選手は下記3選手です。

加藤弦(JR東北、最高殊勲選手賞)

市毛孝宗(きらやか銀行、敢闘賞)

中原北斗(きらやか銀行首位打者賞)

 記述おっ着かなかった拙稿記述ですがやっとひとつ。JR東北が最後代表をつかみましたが、トヨタ東がグッと差を詰めた。都市対抗本大会に出たことがどう影響及ぼすか、気がかりでしたが、コンスタントに実力発揮して戦える様子を見て「あゆみは確かに進めている」と感心しました。対戦相手として考えれば手強さしか覚えませんけどね。

 大会前の新聞報道でひとつ気にかかったことが。毎日新聞の組み合わせ紹介の記事で「七十七、トヨタ東、JR東北、きらやか銀、日本製紙石巻で“東北五強”→TDK」という紹介のされ方をしていたのには驚き。今回はJR東北に食らいつきましたが敗戦。再起の軌跡はここからです。

 最後にJR盛岡。都市対抗では1−0と詰め寄りましたが、今大会では一気に差をつけられてしまいました。七十七銀の修整力がすごかったのでしょうが、JR盛岡としては岩手県定期戦とならんで悔しい結果にしました。今年の公式戦で打開図りたいところです。

 記述なくて申し訳ありませんが、代表となったJR東北の大阪ドームでの健闘を願い、項を終わります。

【速報】全日本軟式野球大会9月8日 きらやかスタジアム第4試合結果−六花亭、応援団も一丸気迫勝ち!

2018年9月8日 きらやかスタジアム第2試合

四日市0=0000000

六花亭 4=103003A

パナソニック四日市

9  林

8 福 本

3  東

7  森 →六回から5

6 多 田

5 松 井→六回から1

2 佐野将

4 近 澤

1 佐野涼→5回代打今山→5回投手倉田→六回から7

六花亭

7 高 野→六回代打柳、そのまま7

4  英

6 神 保

5 小 甲

8 五十公野(いずみの)

2 松 岡

9 木 村

1 藤 丸→六回から1両角

5 高 橋→六回から5に松永

 五回、六花亭は満塁にするもこのときはパナソ四日市倉田が踏ん張ったが、六回の満塁機は英の内野ゴロ→元トランシス(硬式社会人)神保の強烈な左中間三塁打で3得点。最後両角がリズムよく投げきり逃げ切る。パナソニック四日市はもうひと押し利かせたかった。

 噂に聞いていた六花亭の応援ですが、凄かった。大変な状況下での参戦お疲れ様です。この大会の健闘と震災からの復旧を願っています!

【速報】全日本軟式野球大会9月8日 きらやかスタジアム第4試合、17時32分時点経過。

2018年9月8日 きらやかスタジアム第2試合

四日市0=00000

六花亭 4=10300

パナソニック四日市

9  林

8 福 本

3  東

7  森

6 多 田

5 松 井

2 佐野将

4 近 澤

1 佐野涼→5回代打今山→5回投手倉田

六花亭

7 高 野

4  英

6 神 保

5 小 甲

8 五十公野(いずみの)

2 松 岡

9 木 村

1 藤 丸

5 高 橋

 三回から観戦。三回六花亭は満塁と攻め立て、神保、小甲連続死球押し出しと五十公野のセカンドゴロで加点。

下記ランキングに参加しています。にほんブログ村 野球ブログ 社会人野球へ
にほんブログ村