MBC野球発信局-袖番号96 伊東勉のページ。

17年9月から移籍。こちらでは社会人野球など野球中心の記述をします。

下記ランキング参加しています。にほんブログ村 野球ブログ 社会人野球へ
にほんブログ村
社会人野球ランキング

クラブ野球選手権開幕!初日一回戦4試合の見所とおことわり。

 今晩は。伊東です。
 いよいよ出発しますが、4日もバタバタ忙しかったので、翌朝の調子次第では初日は西武ドームには行かない可能性もあります。その原因となった対象者には帰ったあと思い切り油絞ることにして、とりあえず移動は開始します。どこでもドアー(←バカは無視しろ)
 さて、私が西武ドームにたどり着けるかどうかはさておき、明日からクラブ野球選手権が西武ドームで開催されます。初日の組み合わせと紹介を兼ねてお送りしますが、いま資料を検索できる状態ではありません。記述に間違いがある場合はご指摘お願いします。

◆8時50分頃予定 箕島球友会-オール江刺
 オープニングゲームは前年優勝の箕島と未完のチャレンジャー江刺。箕島は近畿西地区でNOMO等のライバルがいる中、安定した力を持ち勝ち上がってきた。多く積んでいる経験をどのような形で生かすか。去年準決、決勝で見せた接戦の強さに注目。
 オール江刺は5回目の全国。一部体制は変わり、高卒出身のルーキーが即レギュラーで奮闘するなどイキの良さを見せる。強豪との対戦で一皮むけるか。前年は守備の乱れからよもやの敗退。当然心に期するものはある。
 箕島の確かな実力に、成長の可能性を秘めた江刺が触発しての熱戦に期待。

◆11時30分頃 YBC柏-千曲川硬式ク
 2年連続の出場となる信越の雄千曲川と、長年の積み重ね実っての出場となるYBC柏との対戦。
 柏は元々緒大会で優勝できる力は持ったチームだが、更に高校から名を馳せた田山など軸となる選手が伸長し、戦国南関東を勝ち抜いた。その強さは痛いほど…(一関大会で対戦し敗退)。
 千曲川は2年連続の出場。代表枠が減った中、進境著しい北陸地区や同地区佐久コスモ破っての進出。TDK千曲川の選手経験者らで立ち上げ、野球が盛んな佐久地区で育まれたチームが全国でどう活躍を見せるか。若さと勢いの柏に底力の千曲川がどう対抗するか。

◆14時頃 水沢駒形倶-茨城GG
 2005年に対戦経験を持つ両チーム。この間環境が変わりながらも北関東の代表チームであり続けている茨城は、前年苦杯を喫しているだけに、盛り返しの一勝を片岡監督、岩田選手中心に図りたい。稲敷市民の地に足ついたバックアップにも注目。
 水沢駒形は今大会出場チームの中では足利に次いでの全国大会経験を持つ。戦い方は10年前から変わりつつも東北のトップランナーとして、時には企業チームをも手こずらせる。去年のベスト4越え目指し、先ずは堅い野球でしっかり戦いたい。
 05年は茨城が勝ったが、9年の積み重ねをどう見せる。

◆16時30分頃 WEEDしらおい-ビッグ開発ク
 最北代表と最南代表。地理的に対称的なチームの対戦となった。
 WEEDは前年に続いての代表。ホーネッツやトランシスなどから北海道の盟主の座を奪いとる勢い。全国舞台でも成果を見せつけたい。
 ビッグ開発は沖縄県のナンバー2を争うまでに成長。九州予選では悪条件が重なりながらも、最後は沖縄勢同士の決勝戦を勝ち抜いて全国を決めた。大会に参加するのに他のチーム以上に大変な面もあるが、グラウンドでどう戦うか。
 南北対決以上の好勝負を期待したい。


 …と、先ずは書いてみましたが、もう少し多くの“背景”を頭に入れて記事を書ければ良かったですね。多く休みとろうと思うと、忙しくなったり、お金も使えなかったりするもので。本当にどうもすみません。更には出発前日にアクシデントだれトラブル起きると疲弊します。正直。
 なので、予約した以上バスの移動は決まっているので、移動はするだけします。しかし明日の西武ドーム行きは…何とかしたいですが、“その後”に響かせるのは都合悪いので、初日を見送るというのも選択肢に入れます。特に岩手の両チームには申し訳なく思いますが。
 参加される皆様にはせっかくの大舞台。自分の応援する赤崎クはあと2歩という所でその道を阻まれました。いずれ色々乗り越えてこの舞台を目指しますが、今回舞台に立たれる皆様には一所懸命頑張って戴きたいと強く思います。
 いまいち冴えない記事でしたが、項を終えます。

◆隣の席が空いてしまいまして。キャンセルのようですがおかげで気分楽に座れるのが何よりです。

 ただ、疲れていてしんどいし、肩病みでキツいし。
 なんで眠たくなるまでやり残しのあった「岩泉線跡紀行」の岩泉駅編・後編をお伝えします(3日分の記事として)。


下記ランキングに参加しています。にほんブログ村 野球ブログ 社会人野球へ
にほんブログ村