MBC野球発信局-袖番号96 伊東勉のページ。

17年9月から移籍。こちらでは社会人野球など野球中心の記述をします。

下記ランキング参加しています。にほんブログ村 野球ブログ 社会人野球へ
にほんブログ村

2016社会人野球―赤崎、北上との「1-0」ゲームを制す!クラブカップ岩手県予選3日目の結果と4日目の見所

 今日は。クラブカップ岩手予選第3日の結果を書いていきます。
 
 
◆赤崎ク1-0北上REDS 
 赤崎は花崎が圧巻の投球を見せ、機動力重視の北上打線を完封し、準決勝に進出した。初回に高渕が先制打。以降追加点は奪えなかったが堅い守りで北上の攻勢を阻んだ。北上は高橋郡が力投したが、安打は2回の2本のみ。終盤攻勢も一歩届かなかった。

 
◆盛友クラブ4-0前沢野球ク 
 前2試合を思いきりよく戦ってきた前沢だったが、場数を踏んできた盛友の武田が大きな壁となった。高橋、蔦の投手陣は2失点ずつに抑えたが打線が沈黙。盛友はそつない試合運びで準決勝進出を決めた。

 
◆雫石クラブ10-6福高クラブ 
 クラブカップでは大きく存在感を見せる福高は8回表まで山内の本塁打などで6-1とリード。しかし雫石は8回裏に一気の9得点で逆転!兼平、武田とつないだ投手陣が終盤踏ん張りベスト4に勝ち上がった。

 
◆盛岡球友倶14-3遠野クラブ 
 共に「試合巧者」のイメージを持つチーム。接戦も予想されたが終わってみれば3、5回に大量点をあげた盛岡球友が主導権を握り、7回コールド勝ち。遠野は先制したが二度の大量失点が大きく響いた。

 
 赤崎クラブは北上REDSに1-0で勝ちまして、明日の代表決定戦に進みました。久しぶりに…それこそ04年の都市対抗県予選以来(赤崎1-0水沢駒形・決勝)です。あのときはサヨナラゲームでしたが、今日は「スミ1」でした。「1-0の試合は両投手を讃えよ」という格言がありますが、終盤のピンチを切り抜けた赤崎・花崎尚投手はもちろん、度重なる危機を辛抱強く抑えた北上・高橋郡投手も見事でした。両者とも高校時代から見ていますが「続けているだけあるな」いうものは感じました。
 この勝利をアシストしたのは初回に先制適時打を放った高渕選手と、今日は捕手として出場した豊島選手。高渕君は高田クラブから、豊島君は兵庫県のKC西宮から移籍してきた選手です。 
※もうひとりの新加入は黄川田大雅投手ですがまだお会いできてません。
 高渕君は勝負強さを見せての先制打、豊島君は捕手として盗塁刺1、さらにグラウンド上のムードメイクを買って出て僅差のゲームをとる立役者となりました。他にも今季は控えに回ることの多い新沼君や山本武君も出れば役割を全うしてくれました。正にチーム一丸の勝利です。
 
 一方北上。小菅、村上両選手以外はここ2、3年で加入した選手。復帰の秋野瀬さん以外は新進気鋭の若手選手が集いました。転勤などでメンバーが変わったりもしますが、意欲的な取り組みは見せているなかでの矢巾、赤崎戦の経験は大きいものがあると思います。幾度か書いている通り、北上REDSは3年間身を置いたチームであります。赤崎に来て19年経ちますが、REDS―当時は北上球友―に加わらなければ、社会人野球に関わることができなかったわけで。対戦時は当然勝ち行きますが、このチーム経験者であることは忘れず頑張っていきます。
 
 江刺球場第二試合は盛友-前沢。2試合勝ち意気上がる前沢でしたが、近年の経験で一歩上回る盛友が武田君の力投で完封。躍進の象徴と言える高橋、蔦両投手から2点ずつ奪い地力を見せた格好です。それでも前沢や釜石、一戸を見ていると「実践経験が力を伸ばす」ことを教わります。
 
 四日間にわたる石巻行きをかけた大会も今日が最終日です。みどころを紹介します。
 
◇江刺第一試合 雫石クラブ-盛岡球友倶 
 これまでの戦績を見れば、加藤、木村、小松などの成長が見える盛岡球友がリードと見えるが、ここまで黒陵、宮古、福高の“東北経験者”を打ち破ってきた雫石が四度下剋上を果たすか。

 
◇江刺第二試合 赤崎野球ク-盛友クラブ 
 春先大きな壁にぶち当たった赤崎はそれを糧として今大会に。初戦は打、2戦目は守で見せ準決勝に。一方盛友は酒井、武田が1試合ずつ完投。そつない戦いぶりを見せてきた。初の東北行きを目指す。
 第三試合は両試合勝者による決勝戦になります。グラウンドで戦われる皆様の健闘を願い項を終えます。

 

下記ランキングに参加しています。にほんブログ村 野球ブログ 社会人野球へ
にほんブログ村