MBC野球発信局-袖番号96 伊東勉のページ。

17年9月から移籍。こちらでは社会人野球など野球中心の記述をします。

下記ランキング参加しています。にほんブログ村 野球ブログ 社会人野球へ
にほんブログ村
社会人野球ランキング

461歩目 第38回全日本クラブ選手権 初日の(一部2日目)結果と、2日目の見所。

 おはようございます。
 岩手内陸部ただいま曇空です。昨日体調の変動から薬変えましたが少し影響が。ウォーキングするにはいい天気になりましたが…です。今日も1日よろしくお願いします。では、クラブ選手権の記事を記していくとします。昨日から始まった大会には16チームが参加。一回戦の8試合が行われました。JABAHPを元に結果をお知らせします。

【WIEN94-愛工大OB】
 両チーム共に無得点で迎えた8回裏にWIENが2点奪うと9回の反撃を封じ1勝をあげた。元昭和コンクリートの鈴木は40歳にして愛工大を完封。愛工大は7回まで抑えてきたが、8回に均衡を破られ反撃する余暇なく初戦敗退。

【MSH医専13-0オール江刺】
 中盤に2点ずつ奪いペースを握ったMSHは、8回に大量7点を奪い、投げても2投手の継投で完封。コールドで江刺を破った。江刺は守備の乱れもあり、打線も5安打。中盤以降劣勢を強いられ、無念の初戦敗退と相成った。

ミキハウス5-1茨城GG】
 ミキハウスは同点の6回に2点入れ突き放すと、8回に更に2点加え、投げては元ホークスの山田から万谷の“都市対抗出場者” 継投で茨城の反撃を封じた。茨城は支柱の岩田が投手として試合を作ったが、ミキハウスにじわじわと水を開けられた。

千曲川3-2弘前アレッズ】2回に3点あげた千曲川が、投げては元TDK千曲川で創設メンバーの平林が辛抱の投球を見せ逃げ切った。アレッズは2回の3点以降は動揺せず、5、6回に1点ずつ返す反撃を見せたが“経験”の差が、あと一歩の明暗を分けてしまった。


 さて、4試合の感想ですか。何といっても江刺の敗退。MSH医専は伊達に松山、防府といった強豪破っての進出で地力があったのでしょうが、それ以上に残念だったのが4エラー。序盤の好機を逸して流れ渡してしまっていた様相が見えたのが残念でした。
 実は所用がありまして私関東の方に出向くことになりまして。日曜日には西武ドームに行けそうかな、とにらんで日程を組み立てていました。学校の後輩何人かが在籍していたチームなので今回は見に行くことができなくなったのに残念な思いをしています。
 もう一つは茨城GG。クラブカップで相対し、勝ちはしましたがその地力には一目置きました。「来年“上”の大会で~」とエール交換時に言いましたが、それが果たせたのは茨城GGだけでした(涙)。日立やビッグメンバー、高崎などもいる北関東で勝ち抜く力持ち続けているのは見事。来年こそは「上の舞台で~」実現したいですね。
 それでは一呼吸おいたら今日の試合予定を記してまいります。

 ツイッターで作っていたときに「一呼吸」書きましたが、一呼吸が二呼吸になり、てんてこしている間に第一試合が8回まで進んでいました。岩手の古豪・水沢駒形と、北海道のWEEDしらおいの試合は7回を終わって4-2、水沢駒形がリードしています。駒形は大ベテラン加藤⇒左の高橋徳朴⇒左の松本とつないでいます。
 その部分をなかったかのように『今日の試合の見所』記載していきます。

【水沢駒形-WEEDしらおい】
「東北王者」の冠つけて臨む今大会、投手で先に紹介した高橋、松本両投手の台頭でこれまでの主戦加藤、馬場両投手と併せての「バリエーション」が増えた事が連戦対応に好影響なるか。一方のしらおいは2年連続の出場。寸前に日本選手権の最終予選に参戦。JR、室蘭、千歳に3連敗を喫したがその経験をどう試合で生かしていくか。予選では伊達聖ヶ丘トランシスを破り北広島の猛追をかわして本大会に進出。代表の意地を見せるか。

【全足利-福井ミリオンドリームス】
 前年のクラブ選手権、今年の都市対抗と不覚をとり敗退という経験をしている全足利は、今大会の北関東予選で鹿島レインボーズ、オール日立に大勝し本大会に進出。最多出場チームの誇りと意地で優勝を目指す。
 2年ぶり4度目の出場となる福井は、代表決定戦で富山との厳しいつばぜり合いを制し、代表を勝ち取った。前回は山口きららに反撃開始が遅く敗退。今回は一歩先んじて勝利をつかみたい。

【和歌山箕島球友会-サウザンリーフ市原
 2006年に全国優勝、去年は準優勝の経験を持つ箕島は、西近畿予選でNOMOク、関西メディカルとの接戦を制し本大会に出場。経験を7年ぶりの優勝につなげ、甲子園出場の箕島高校後輩に次ぐ「箕島旋風」起こしたい。
 市原は07年に一度選手権に出場しているが、選手の移籍など雌伏の時を経験。県内チームとの激しい戦いが肉となり、代表決定戦では10年優勝の所沢を破り6年ぶりの出場。下克上を狙う。

【ビッグ開発-東北マークス】
 都市対抗野球の予選で時々存在感を見せるビッグ開発は、クラブ選手権は初の舞台となる。予選では大分BANに競り勝つと、以降3試合をペース握り代表に。沖縄県NO2を争うチームが、この大会でどういう戦いをみせるか。
 東北マークスの投手陣は若松を柱に若い投手が主戦になってきた。クラブ予選のほとんどを若松が登板、佐藤なども成長途中の猛追を見せる。都市対抗ではJR東北も撃破。この大会でも優勝を狙っていく。


 ま、試合が始まっていましたが、命からがら書いてきました。文中にも書いたとおり所要の準備もあったりするので思うように動けない部分もあったりします。特に明日は西武ドーム見に行けるのは午前中だけだったり(人と会う都合)で江刺は行けても駒形の試合は…という状況があったりします。そこの部分駒形の皆さんに申し訳ない気持ちです。
 今日も4試合-すでに一試合が終わっていて、水沢駒形が勝ちましたが、どういう試合を見せてくれるか、期待しながら結果をのぞいて行くとしましょう。お付き合いありがとうございました。


下記ランキングに参加しています。にほんブログ村 野球ブログ 社会人野球へ
にほんブログ村