MBC野球発信局-袖番号96 伊東勉のページ。

17年9月から移籍。こちらでは社会人野球など野球中心の記述をします。

下記ランキング参加しています。にほんブログ村 野球ブログ 社会人野球へ
にほんブログ村
社会人野球ランキング

No222 タイブレークに敗れる…東日本カップ大会

 こんにちは。伊東です。今日もこれから積み残した仕事、山ほどこなしに行ってきます。
 東日本カップ大会準決勝。赤崎野球クラブは、北海道代表のオール苫小牧と対戦しました。赤崎は初回、1点を失うものの、5回に平野選手の四球後、山田選手が送り、佐藤琢哉選手の適時打と相手エラーで2点を奪い、逆転しました。
 赤崎の山本投手は、6回まで苫小牧打線を1安打に抑えていましたが、7回に一気に5安打(中には、記録エラーでいいだろう、というのもありましたが)を集中され、同点に追いつかれてしまいました。
 その後は赤崎・山本、7回からリリーフした苫小牧・別府両投手が譲らぬ投手戦を展開。延長12回には、センターオーバーの大飛球を打たれましたが、赤崎守備陣はあきらめず、佐藤琢-多田-平野-村上とつないでホームでタッチアウト!サヨナラを防ぎました。

 そして、延長13回。この会からタイブレークが適用になり、一死満塁から試合開始。赤崎は泉、佐藤琢両選手が打って出ましたが0点に終わり、逆に苫小牧はかつてのミスター社会人・沢田監督が登場。山本投手の投球をレフトへ打ち上げ、ランナーが返ってサヨナラ勝ち。勝利を後一歩で逃しました。

赤崎ク 000 020 000 000 0 2
苫小牧 100 000 100 000 1 3
三塁打=菊谷(苫)
【赤崎】9山田 3金野豊 8佐藤琢 2村上 5新沼 6多田 D佐藤俊 7亘理 4平野 P山本淳 (途中出場)鈴木博(佐藤俊・9回代打→D)泉(金野豊・13回代打→3)
【苫小牧】8河井亮 6秋葉 D鈴木 3坂井 5神保 2笹嶋 4菊谷 9谷口 7大西 P佐々木 (途中出場)谷口(9→11回より7)/内野(佐々木・6回からP)別府(内野・8回からP)佐藤(大西・10回代打)沢田(佐藤・11回から9)

 準決勝のもう一試合、高田クラブ対オールいわきは、4回まで奮投してきた戸羽洋投手が、5回以降捕まり、0-7に。しかし、高田はあきらめず、この日はキャッチャーとして出場した戸羽直之選手の安打から打線がつながり、実吉(みよし)選手の安打後、村上、吉田昌両選手の適時打で3点を返し、馬場投手がその後無失点に抑えましたが、その後いわきの細かい継投策に反撃の機会を断たれてしまいました。

高田ク 000 000 300 3
いわき 100 024 00X 7

【高田】8伊藤 4実吉 9村上 D吉田昌 5熊谷 3和泉 7中村 2戸羽直 6清水 P戸羽洋 (選手交代)熊谷(5→7)戸羽(2→5)/金野潤(和泉・3)黄川田真(中村・2)馬場(戸羽洋・6回途中からP)
【いわき】5山田好 4古村 7稲川 2石岡 9横山 8木田 3芦野 D高橋 6上遠野 P遠藤 (途中交代)本田(遠藤・5回からP)内山(本田・8回からP)渡辺(高橋・代打→D)山田智(稲川・9回から7)

 決勝戦は苫小牧といわきとの間で行われ、苫小牧がいわきの反撃をかわして、9-4で勝ち、初代東日本カップ大会王者になりました。なお、その試合のスタメンは以下の通りです。

【いわき】5山田好 4古村 D稲川 2石岡 9横山 8木田 3芦野 7渡辺 6上遠野 P内山→本田→遠藤
【苫小牧】8河井亮 6秋葉 D鈴木 3坂井 5神保 2笹嶋 4菊谷 9谷口 7佐藤 P佐々木→内野→別府

 表彰選手など詳細は、後ほどの特集記事で触れる事とします。
(お詫びと訂正)初版では3回の赤崎の先制適時打を放った選手を山田選手と書いてしまいましたが、正確には佐藤琢哉選手でした。申し訳ございませんでした。


下記ランキングに参加しています。にほんブログ村 野球ブログ 社会人野球へ
にほんブログ村