MBC野球発信局-袖番号96 伊東勉のページ。

17年9月から移籍。こちらでは社会人野球など野球中心の記述をします。

下記ランキング参加しています。にほんブログ村 野球ブログ 社会人野球へ
にほんブログ村

2017社会人野球−毎日旗秋季大会1、2日目、クラブの部11試合詳報/見えた投手陣整備の取り組み。

 今晩は。こちらの項では週末にリアルタイムで書けなかった毎日旗秋季大会の初日、2日目の詳報をお伝えします。

 台風も近づく中の開催になりました。終わってからの感想になりますが、棄権が出なかったことに安堵しています。

 もうひとつ驚いたのは、洋野種市オーシャンビューのスコアボードが電光化されていたこと。昨年の岩手国体があり、施設改善は各地で進んでいましたが、その詳細はつかんでいなかったので驚いています。金ヶ崎森山球場タイプの改善もあるようで。

  では、本題入ります。

 宮古倶楽部 7−4 MKSI

 宮古が初回3点、二回に2点と序盤にペースをつかむと、八回にも2点だめ押し。普段は野手の藤岡良が完投し勝ち上がった。兄の藤岡諭も援護。

 MKSIは四回までに1点差に詰めたが、そこで反撃が止まってしまったのが響いた。

 

◇久慈クラブ 6−5 雫石クラブ

 前年ベスト4経験もある雫石は先手を取り続け、九回には2点追加しダメ押し、このまま逃げ切るか、と思われたが、土壇場に追い詰められた久慈が九回に3点差を跳ね返し逆転サヨナラ。新加入千葉、鈴木らも踏ん張り、試合を投げなかった。

 

◇前沢野球倶 6−3 北上REDS

 前沢高橋直、北上高橋郡の投げ合いは五回まで2−2のタイスコア。しかし前沢が六回に3点をあげると、八回にも1点あげ、後半の攻勢で北上を振り切った。北上は六回に1点返し、ベテラン及川球士も二塁打放ち追い上げたが届かず。

 

◇一戸桜陵ク 2−1 花巻硬友倶

 1日目注目のカードは、一戸が坂井優、花巻が柿澤→森橋のベテランコンビが奮闘し、しまった試合に。そんな中で四回、七回と1点ずつ奪った一戸がわずかに先行。花巻は九回に一点返し、更に逆転サヨナラを狙ったが為らず、一戸が逃げ切った。

 

◇釜石野球団 7−6 矢巾硬式ク

 釜石はムードメーカー乙津が先発。時々集中失点は食らうが自らの打で取り返すなど奮闘。三浦一も長打二本で援護するなどし逃げ切った。矢巾は「試合に臨めれば」の底力で六回に4点あげ1点差に詰めたが、終盤の反撃はならなかった。

 

 このような結果で第1日が終わりました。再注目の花巻一戸戦は1点を争うゲームに。釜石−矢巾戦も僅差。地元の久慈は見事な逆転劇を見せてくれました。

 17日は野田、洋野2球場で二回戦と準決勝が行われました。

 

◇水沢駒形倶 17−4 宮古倶楽部

 2年前の都市対抗のリベンジを図る宮古は二回に一度逆転。しかし駒形は三回の5点を皮切りに加点し続け、八回には一気に7点を奪い、投げても松本利、梅津、宮崎の3人が試合をつくった。宮古は原、佐々木雄ら新鋭も駒形に対峙したが壁に跳ね返された。

 

◇前沢野球倶 10−3 久慈クラブ

 上り調子の前沢と、前日見事なサヨナラ勝ちで勢いに乗る久慈の対戦ら接戦も期待されたが、前沢が小刻みに複数点をあげ、連投の高橋直が8回3失点完投、コールドに。久慈は現状最良の投手を繰り出したが、前沢の継続的な加点を止められなかった。

 

◇一戸桜陵ク 10−3 盛友クラブ

 二週連続の公式戦となった盛友は中屋を先発に立て、一戸左の柱深田峻と投げ合う。三回に3失点も試合を作っていたが、一戸は六回に大量6点あげ一気に流れを引き寄せた。盛友はコールド阻止を図ったがあと1点足りず。一戸は連続大会4強に。

 

◇オール江刺 2−0 釜石野球団

 クラブ選手権以来の公式戦に臨んだ江刺は安定感抜群の菅原祥が先発。一方釜石は…秘密投手その2の鈴木をマウンドに。鈴木は江刺打線を向こうに回し9回を2失点と見事な投球を見せた。ただ、打線が菅原祥から点を奪えず無念の敗退。

 

◇水沢駒形倶 10−0 前沢野球倶

 全県規模の大会では…近年初の4強に進出した前沢は4連投の高橋直で立ち向かったが、全国区の駒形に力が落ちたところを突かれ、五、六回で8失点。打線も駒形先発、2年目の高橋代に封じられた。駒形はとなり街チームに底力見せ決勝進出。

 

◇オール江刺 9−2 一戸桜陵ク

 チーム初の全県規模大会決勝進出をめざす一戸は初回に江刺先発遠藤から2点奪取するが、江刺は直後から激しく追い上げ、三回に逆転、五回に4点あげ、六、七回と追加点をあげコールドに。投手登録の伊藤が三塁打放ったのはトピック。

 

 以上6試合が大会2日目の結果でした。駒形、江刺の2強は崩すことができませんでしたが、前沢、一戸の4強進出は見事なものが。

 また、釜石も鈴木君が江刺と五分に渡り合いました。同級生の乙津君が先に印象的な活躍していましたが、二人とも中々。ここ数年、釜石復調の軸になっていた選手が、試合参加するには厳しい状態に。投手陣の形成はどこのチームも頭を悩ませますが、元気者が二人名乗りをあげた釜石の先行きは楽しみです。

  一方で江刺の遠藤君。一戸戦はどこまで投げたかわかりませんが、ここまでの今季マウンドは総じて苦いものに。それでも資質がある部分は高校時代から見ていますので、取り組みは続けて、更なる成果、見せてください。

 駒形は…層厚い。左は“松梅”コンビ、右も馬場、齋藤、竹田、宮崎、松本各投手ときて、高橋君ですか。大体のチームは大きい軸が二人。赤崎なら多田、金野豪。盛友なら武田、小山。江刺は菅原祥、及川英。前沢の高橋直、萬(敬称略)…。ところが駒形はこの通り。色んな意味での取り組む目線が高いな、と。まず、ひとつゝ食らいついていこうと思います。

 

 以上で何とか毎日旗大会の記述を終えました。SNS再編と重なり、いま昔の記事を作り直して野球用の記述を再録。近日中には前ブログの社会人野球カテゴリーのインポートも行います。多々ヘマしますが何とか頑張るので、お付き合いよろしくお願いします。

下記ランキングに参加しています。にほんブログ村 野球ブログ 社会人野球へ
にほんブログ村