MBC野球発信局-袖番号96 伊東勉のページ。

17年9月から移籍。こちらでは社会人野球など野球中心の記述をします。

下記ランキング参加しています。にほんブログ村 野球ブログ 社会人野球へ
にほんブログ村

2018社会人野球-都市対抗野球東北二次予選は1日開幕。出場12チーム紹介と第1日の見所。

f:id:b-itoh1975:20180601014700j:plain

 今日は。社会人野球のメインイベント「都市対抗野球」の東北予選は6月1日に、岩手県営、花巻市営両球場で開幕します。今項では出場する12チームを紹介します。

弘前アレッズ→県予選では三菱八戸、キングブリザード破り優勝。青森大会も制し標準を合わせつつある。「一番投手」山口がチームの柱だが滝沢、久米田など他選手も気後れせず活躍見せる。去年は企業の壁にぶつかり、クラブ選も全国を逃し監督交代でリスタート、企業越えを目指す。

f:id:b-itoh1975:20180601012920j:plain f:id:b-itoh1975:20180601012928j:plain

◇TDK→北東北の雄。阿部博明監督のもと再構築に努めている。春季県大でJRに苦戦も、都市では力見せつけ優勝。日立、東北大会では予選敗退も標準は都市対抗。去年は地元で二次予選だったが第二代表戦、あと一歩でドーム行きに届かなかった悔しさを今年は晴らしに行く。

◇JR秋田→地道に活動を継続し、より上のレベルで戦える体制を作ってきた。春季大会ではTDKに4-6迫るも都市県予選では返り討ちに。しかし第2勢力ライバルGリバースは突き放した。去年はトヨタに善戦した成果と、富士通破れた悔しさのリベンジ晴らし代表権に絡みたい。

f:id:b-itoh1975:20180601013116j:plain f:id:b-itoh1975:20180601013129j:plain

きらやか銀行→県予選では天童、三年連続東北目指す鶴岡を連破、予選2試合48点で優勝。参加した3JABA大会ではベーブルース大会の準決勝進出がが目立った。小島、日山の軸を中心に、安成など高いレベルで争う捕手争いで活気。3年連続出場で確固たる位置しめるか。

富士通IC→去年の七十七銀など3企業破り東北4位で名を知らしめ、クラブ選も全国進出。今年は福島大会4連覇からはじまり、県予選では前BC福島・鍵政加入北嶺には苦しんだが他試合は差をつけ優勝。河野、本間中心にヨークベニマル以来の東京ドームなるか。

f:id:b-itoh1975:20180601013217j:plain f:id:b-itoh1975:20180601013941j:plain

◇オールいわきクラブ→投手力が強化され去年はクラブ選、クラブカップと上位大会進出機会が増えた。今年は福島大会2勝、都市対抗県予選では小峰に苦しんだが福島、白河と上位大会経験組を破り東北に。二年前進出時は2敗。今回は思いきった攻撃力も見せて存在を示したい。

◇JR東北→エース西村の完全試合で見せ場はあったが、こと都市対抗だけ見れば二年連続で敗者二回戦敗退。「背番号5の名捕手」西村監督で新たな挑戦に。春3大会は勝ちきれなかったが、県予選では青葉、七十七をコールド、石巻に競り優勝。都市~でも東北王者を取り返しに行く。

f:id:b-itoh1975:20180601013524j:plain f:id:b-itoh1975:20180601013603j:plain

日本製紙石巻→去年は苦難期から奮闘してきた前田監督の基、都市対抗東北第一代表、JABA東北優勝と出色の成果。今期はスポニチ大会から参加し東北大会はB4。予選は大崎、マークスに大勝するもJR東北の逆襲は食った。小原、佐山の成長でよりスケール大きなチームに。

七十七銀行→去年は都市対抗富士通に不覚をとり、日本選手権予選も初戦敗退と全国進出するようになった今世紀内では悪夢の1年に。春季大会出場は東北、新潟のみに止まった。選手の資質は高いだけにこのままでは終われない。宮城3位からの下克上狙う。

f:id:b-itoh1975:20180601013708j:plain f:id:b-itoh1975:20180601013742j:plain

トヨタ自東→県予選では盛岡球友、江刺、駒形をコールドで破り6連覇。県知事旗も優勝するが、静岡、東北大会では苦戦。メンバーは固定方向だが、佐々木、原田、古屋がスパイスになるか。地力はつけてきているだけに、代表権争いに加わり、地元岩手で凱歌をあげたいところだ。

◇水沢駒形倶→左右投手陣の層が厚くなり、打線も横倉、松岡、長原トリオが活気。それを馬場、玉城らが後押しする。県知事旗ではJRに惜敗。県予選では赤崎をかわし、JRに打ち勝ち、トヨタには苦杯喫するも準優勝で東北進出。クラブトップ取り返しさらに上を目指す。

f:id:b-itoh1975:20180601014244j:plain f:id:b-itoh1975:20180601014251j:plain

◇JR盛岡→エース前川やムードメーカー宮が抜け、再建モードの中、県知事旗こそ準優勝も県予選では矢巾に苦戦、駒形に大敗、江刺の猛追降りきり東北に進出した。村上、三森の強気な姿勢がチームに活を入れる。2満塁本塁打の関口らが後援し、飛躍を期したい。

 大会初日は岩手県営、花巻市営両球場で一回戦2試合ずつが行われます。それぞれの試合の見所を紹介します。第一試合開始予定は両球場とも10時前。

▽県営 富士通IC-日本製紙石巻

 この日最注目のカード。前年予選で旋風を起こした富士通はいきなりの大きな壁だが本間を中心に失点を抑え、勝機を見出したい。いま脂がのりきっている石巻はスタートダッシュを切るうえで気の抜けない相手。先手を取り優位に進めたい。

▽県営 水沢駒形倶-七十七銀行
 悪夢の一年を払拭したい七十七は「先ずは一戦必勝」で戦いたい。復調のきっかけをこの試合でつかめるか。中井、阿部が支える。駒形は3年ぶりの東北挑戦。馬場、松本利を軸に七十七打線を抑え、NYM(長原、横倉、松岡)トリオで活路を。

▽花巻 オールいわき-JR秋田
 JR秋田は複数の投手が臨戦態勢をとれる状態を維持している。調子見極めて波に乗りたい。打線は対6強見据えて確実に。いわきは毎年投手に新戦力が。東北レベルでの戦いを続け蓄積された経験値をどのように発揮していくか。

▽花巻 弘前アレッズ-JR盛岡
 弘前で注目は山口以外にも経験を増している投手陣起用。DH使用頻度の少ない攻撃陣はどのような組み立てで攻めるか。JRは剛の村上、柔の長鈴と両新人横手投手が弘前打線にどう相対するか。攻撃パターンの確立も図りたい。

 入場料は例年500~600円、大会パンフは例年300~500円です。天候の変化は激しいので、皆様お気をつけてご来場ください。お付き合いいただきありがとうございました。

f:id:b-itoh1975:20180601014621j:plain

下記ランキングに参加しています。にほんブログ村 野球ブログ 社会人野球へ
にほんブログ村