MBC野球発信局-袖番号96 伊東勉のページ。

17年9月から移籍。こちらでは社会人野球など野球中心の記述をします。

下記ランキング参加しています。にほんブログ村 野球ブログ 社会人野球へ
にほんブログ村

2018社会人野球−赤崎ク、投打に手ごたえ好発進!都市対抗野球岩手県予選3日目の結果と4日目の見所。

f:id:b-itoh1975:20180513023458j:plain

《写真》赤崎-花巻、2回に本塁打を放った山﨑選手(右)と、8回に本塁打を放った村上知輝選手。

 

 おはようございます。都市対抗野球岩手県予選「第2ラウンド」3日目は北上市江釣子球場、遠野市総合運動公園の2会場で二回戦残り4試合が行われました。私伊東は江釣子球場に向かい2試合を見て(うち1試合当事者ですが汗)来ました。レポートお送りします。
 まずは、今日メインの試合「赤崎野球ク-花巻硬友倶」の試合からです。大船渡市で野球をする環境が戻ってきたこともあり、練習量を増やしてきた様子も聞いています。花巻も好投手二人の加入で去年に続く4強を狙いますが果たして。
 花巻硬友倶 0=00000000
 赤崎野球ク 7=02202001
 赤崎クはエース多田、花巻は新加入小野寺、晴山両投手に焦点あてられていたが先発は近年加入の小澤。赤崎は序盤から見せ処を作り、二回には村上知の二塁打後新人山崎が2点本塁打。四回には金野耕のライト線安打と清水の内野ゴロ、五回も清水の2点適時打でリード。多田は安定した投球で6回を投げると、七回からは岩城がリリーフし無失点。八回に村上知が本塁打を放ちサヨナラコールドに持ち込んだ。
 花巻は上野が攻守に存在感を見せ2安打、多田からは三塁にランナー置き、斉藤があわや本塁打の打球(ファール)、岩城からは満塁の好機をつくったが赤崎守備陣に封じ込まれた
【花巻硬友倶】出場選手
8 斉藤
5 長山大
6 北山 →七回から1
7 山蔭
1 小澤 →七回から6
2 上野
3 伊藤芳
9 高橋将
4 長山政
【赤崎野球ク】出場選手
8 佐藤瑠
6 野々村
4 金野耕
9 清水
D 村上知
3 山崎
5 新沼
2 小松
7 伊藤
 →六回代打菊地・7
1 多田
 →七回1岩城
 北上REDS5=110001020
 遠野クラブ 10=04004002A
 地元開催で意気上がる北上だが、先発菊地雄が降板に追いやられるなど苦戦。後半に食らいつきコールドは跳ね返したが遠野の集中加点に追いつけなかった。遠野は照井真→照井勝の継投で逃げ切った。
【北上REDS】出場選手
4 菊池成 →途中9
7 高橋一
6 池田
D 安部
9 及川球士
 →途中4小林
3 小菅
2 北村
8 村上
5 菊池遼
1 菊地雄→二回途高鼻→五回阿部→五回途高橋郡
【遠野クラブ】出場選手
6菊池浩
4佐々木晟
佐々木隆
5五十嵐
7照井勝 →九回1
1照井真 →九回3
9菊地雄 →九回8
3井手 →九回9
8佐々木丸太 →九回7
◇MKSI3-2盛友クラブ
 前年県4強MKSIが、東北CC3位盛友を破った。盛友が初回に先制も以降追加点奪えず、MKSIが5回に同点。盛友武田、MKSI田村の投げ合いは延長タイブレークに持ち込まれMKSIが逆転サヨナラで勝ち上がった。
◇一戸桜陵ク7-1盛岡倶楽部
 一戸桜陵は初回に3点、二回に2点をあげ、試合のペースを握った。盛岡倶は四回に1点返し、以降は畠山らが踏ん張ってコールドには持ち込ませなかったが、中盤に2点を追加した一戸が坂井の完投勝ちで三回戦に勝ち上がった。
 …というところで、12日に行われた4試合の結果を記してきました。盛友―MKSIはタイブレークになると力量以上の何かが勝負を分けるのか、と思わされます。延長までこらえきったMKSIは、波に乗るととことん突き抜ける…という様子を見ているので。盛友は別大会でのリベンジ図ります。
 遠野は一度苦戦しながら勝ち上がった経験がいい流れに。北上は継投策に出ましたが残念ながら届きませんでした。一戸や赤崎は先手を取りまず好発進。花巻は投手陣の集合に悩み、盛岡倶は前年に続いての一勝はなりませんでした。
 では、13日に行われる三回戦4試合の見所です。両球場とも9時前に試合開始予定です。
▽遠野第1 遠野クラブ-矢巾硬式ク
 打線好調の遠野は第1Sからの戦い勝ち残り地元開催に。照井真、照井勝、多田の投手陣を佐々木隆貴がどう活かすか。矢巾宮古に先行かけ勝ち上がり。終盤に猛追食らった反省を2週間で克服するか。
▽遠野第2 赤崎野球ク-前沢野球ク
 攻守に好発進見せた赤崎は花崎の復調、金野豪の成長を確かなものに。総じて高いレベルの安定性をつくりに向かいたい。前沢は緒戦試合の中で修正を図るなど伸長の取り組みも。蔦の復調などを図り「奥州対決」に進みたいところだ。
江釣子第1 盛岡球友倶-高田クラブ
 初戦を初回大量点で勝ち上がった盛球だが、元々は堅い試合展開で活路を見出だすチーム。持ち味発揮を。高田は食らった点は多かったが力量は発揮して二回戦に進出した。嶋村、山田の左腕コンビが試合つくりたい。
江釣子第2 MKSI BC-一戸桜陵ク
 強敵盛友クを逆転サヨナラで破ったMKSIは勢い乗れば力増しになる打線で活路を開きたい。先発は太野か。一戸は強敵挑戦のためには負けられない。穴久保、川向といったリリーフ予想選手がキーマンとなりそう。
 東北他県予選の状況も併せて紹介します。今日は福島県予選の三回戦が行われ、前年東北4位の富士通ICが郡山BBCに勝つなどベスト4(他にALL北嶺、全白河、オールいわき)が決まりました。明日準決勝、決勝が行われ、東北大会2代表が決まります。尚、現在JABA東北大会が開催されていますが、その記述は大会まるごとという形で来週半ばにお送りします。
 今日は天候の動体が激しいので対応できるようにしてご観戦ください。お付き合いいただきありがとうございました。

下記ランキングに参加しています。にほんブログ村 野球ブログ 社会人野球へ
にほんブログ村