MBC野球発信局-袖番号96 伊東勉のページ。

17年9月から移籍。こちらでは社会人野球など野球中心の記述をします。

下記ランキング参加しています。にほんブログ村 野球ブログ 社会人野球へ
にほんブログ村
社会人野球ランキング

クラブ選手権東北予選・出場9チーム感想/全国の西武ドーム進出チームまたは二次予選/今後の社会人野球の日程。

今日は。伊東です。
 早朝からいまの時間まであんなことやこんなこと、そして、そういう事で忙しくてようやく落ち着いたところです。今晩はクラブ選手権に関しての記事を赤崎以外の東北地区中心に記して参ります。よろしくお願いします。結果と表彰選手+論評は以下の通りです。

▼優勝 東北マークス 3勝
▼2位 水沢駒形倶 2勝1敗
▼3位 オール江刺 3勝1敗
▼4位 オールいわき 2勝1敗
▼5位 全白河クラブ 1勝2敗
▼6位 三菱製紙八戸 2勝2敗
▼7位 盛岡球友倶 0勝2敗
▼8位 赤崎野球ク 0勝2敗
▼9位 新庄球友ク 0勝1敗
▼10位 NA大校友 0勝1敗

※5位以降は3、4位同様敗退相手の順位に対応。

 続いては表彰選手です。

◆最高殊勲選手賞 若松大義投手(マークス)
 勝負を決める試合で岩手の強豪2チームを破る好投。
◆敢闘賞-馬場敏次投手(水沢駒形)
 代表決定戦のいわき戦でパワーピッチングで突け入る隙を与えなかった。
首位打者賞-佐々木宏太内野手(マークス)
 一生忘れませんよあの左中間は。守備戦になりがちな大会で10打数4安打でタイトル受賞。


 次は連盟の公式表彰ではありませんがひとつ。

◆今出スポーツ(拙稿SNSの前身の紙媒体)特別賞-オールいわき、三菱製紙八戸クラブ。
→「3・11」を経て活動再開。チャレンジ精神忘れずに戦った姿に敬意を表します。しかし何もあげるものがありません(謝)。

 結果と表彰選手を紹介したところで、先日雑感を語った赤崎を除く9チームに関して触れていきます。

◆まずは東北王者「東北マークス」。気がついたらNTT東で投げていた阿部君や、七十七で活躍した佐藤崇史君も加わったのに驚愕。しかし生え抜きの若松君(以前いた北杜クは学生主体のクラブの性格考慮)や佐々木宏太君らの活躍は「企業以外の野球の挑戦場」としての価値を見せてくれました。

◆続いては「水沢駒形倶」。一関大会から中3日で臨みましたが、3投手のフォローで主戦4投手はいい形で試合に。厚い選手層で2日目を勝ち抜くと、東北王者をかけた試合を「詰み」食ってしまい敗れましたが、馬場君の復調に千葉康司君の成長は好材料。今年も粘り強く戦いたいです。

◆同じ奥州市の「オール江刺」。レギュラーや陣容の入れ替えがあり、戦い方を作り直しながらの全国進出でした。投打ともに課題はありますが、藤野、村岡、菅原祥の柱は変わらず。あとは「自分を100%出せるメンタリティー」を追究して、全国で頑張っていただきたいものです。

◆東北第4の代表は「オールいわき」。盛岡球友に苦しみ、駒形に大敗した初日で折れませんでした。ここ数年内に入った里見投手がここぞの試合で力投。勝った試合はどっちも終盤の相手の攻勢を逆転した見事なものでした。震災被害受けながらの復活劇は見事でした。おめでとうございます!

◆ここからはあと一歩、の2チーム。「全白河」は江刺にコールド敗退。翌日盛岡球友には勝ったものの、江刺との再戦では初回に3失点。しかし1日前とはここから違いました。この後は泥だらけになりながらも必死に戦い、江刺の追加点は許さず。最後0-3で敗れましたがまた見たいチームでした。

◆もうひとつは「三菱製紙八戸ク」。NA大校友に勝ち、駒形に敗退した初日。翌日は赤崎との三陸海岸対決を制して代表決定戦に挑みましたが、いわきにあと一歩届きませんでした。前年はクラブカップで優勝。野球の面白さを再認識しましたが今回は結果に結ばず。青森社会人の最古参は再挑戦を期します。

◆岩手第4の代表として戦いに挑んだ盛岡球友。経験値は参加チーム一、二を争う“業師”ぞろい。いわき、全白河と福島勢に敗れましたが、若い年代のメンバーはいい経験を積めたと思います。
※大会前寸評で名前出した佐々木捕手ですが、登録が選手権予選後なので今大会の出場資格はありませんでした。

◆山形勢9年ぶりの西武ドームを目指した「新庄球友ク」でしたが、組み合わせの不運で金曜に行われた「敗戦即終了」の位置に。高橋投手が4回まで競っていましたが…江刺の攻勢に飲まれてしまいました。オーバー50の岸さんが動き衰え無しには脱帽。再挑戦を。

◆ここ数年、秋田の代表が西武ドームにも進出していただけに「ノースアジア大校友クラブ」にも期待はかかりましたが、こちらも敗戦即終了ゾーンに入ってしまい、三菱八戸に敗れてしまいました。再興している母校に負けじと頑張って戴きたいです。尚、このチームだけ今年見ることができませんでした。

 赤崎以外9チームの記述終わりました。この間東北以外でもクラブ選手権二次予選は行われまして、北信越と中国四国地区以外の14チームが西武ドーム進出を決めています。
 北海道を失念。東北の4チームはいま記しました。北関東地区は都市対抗にも出た全足利と茨城GGが出場します。
 南関東は所沢グリーンや横浜金港の進出も見込まれましたが、代表は20年ぶりの山梨球友と…赤崎に野球の厳しさ教えていただいたYBC柏!東海は愛工大ブリッツを破って浜松ケイスポーツ。近畿地区は大和高田クが…3年ぶり、ですか。あとは大阪のNSBと…もうひとつを失念。
 九州は台風も近づくなか、球場の変更も駆使しながら何とか戦い、八代レッドスターのベスト4、決勝は沖縄対決になり、ビッグ開発がBANクラブを破り2年連続の西武ドーム進出となりました。残りは中国四国と北信越の2枠となります。

 北信越はいままで代表枠が2だった所を1にされました。佐久、千曲川、北陸3強…古豪新潟勢も侮れず。ただ、総チーム数の関係で割を食った格好になりました(推測だが東北4枠目との比較はあったでしょう)。その中で西武ドームに行けるのはどこか。注目です。
 中国四国…かつては近畿中国四国九州で1つの枠(参加は琉銀クラブ、大阪ペーシェンス、柵原クラブ、徳島倶楽部かな…。前者2チームは活動停止)だった頃を考えると一次予選開催できる分時代変わった思わされます。MSHの若さか、松山の底力か。楽しみです。
 何とかやりくりして、この16チームが出てくる一回戦8試合を全部見たいな等とも考えていますが、ご生憎様貧乏はヒマ無しと相場が決まっているので、果たして実行できるやら。可能性にかけて計画だけは念入りに練っておきます。

 この後は…岩手定期戦が今月前半。日本選手権東北二次予選(トヨタ東、フェズント、JR盛岡)とクラブカップ東北二次予選(久慈、遠野)が今月末となります。参加される皆様の健闘を願い、長くなりましたが拙稿の記述終わらせて戴きます。お付き合いありがとうございました。


下記ランキングに参加しています。にほんブログ村 野球ブログ 社会人野球へ
にほんブログ村