MBC野球発信局-袖番号96 伊東勉のページ。

17年9月から移籍。こちらでは社会人野球など野球中心の記述をします。

下記ランキング参加しています。にほんブログ村 野球ブログ 社会人野球へ
にほんブログ村
社会人野球ランキング

北上市長旗大会─水沢駒形、富士大を破り13年ぶりの優勝。盛友、青葉は勢い続けず。

今日は。この記事は1日目の記述を5日、2日目の記述を10日に行いました。それぞれ毎の記述をしてまいります。

 おはようございます。
 盛岡は夜が明けました。これから一連の野球記事を書いてから所用に出発です。前の日は賑やかに過ごして、眠りについたのは1時半。いやはや、でした。今日もよろしくお願いします。早速ですが、昨日開幕した北上市長旗大会の結果をお伝えします。

 昨日は北上江釣子球場と西和賀錦秋湖球場で3試合ずつが行われました。各試合の模様をお伝えします。

◆北上9-0前沢
 北上REDSが中盤に猛攻を見せ、継投策で勝負に出た前沢に6月のリベンジを果たした。3回を終わって1-0と接戦。4回から3、2、3点を積み重ねコールド圏内に。投げては吉崎→伊東→高鼻とつなぎ完封した。前沢は左の佐藤も久しぶりに登板したが中盤の失点に泣いた。

◆黒陵9-7一関
 共に成長の期待される黒陵加藤、一関小野寺達が登板したが黒陵は3回までに7-1と大幅に先手を取った。その後一関は5回に4点を挙げるとエース菅原も投入し逆転を狙うが、終盤の追加点を黒陵のエース小山が守り切り、クラブ選手権のリベンジを果たした。。

◆富士大6-0北上REDS
 北上は伊東が先発。優勝候補の富士大学を相手に中盤まで接戦に持って行ったが、7回に2、9回に3失点と崩れ、打線も富士大の3投手継投の前に完封に封じられた。富士大は終盤に伊東を攻略し、ベスト4に進出した。

◆青葉ク11-0盛岡球友
 試合は青葉クラブが3回に4点、5回に6点と二度の集中打で盛岡投手陣を攻略。11-0という予想外の大差で準決勝進出を決めた。青葉クラブの捕手小河選手はもしかしたら七十七銀行在籍だった小河さんでしょうか…。盛岡球友は大量失点の前に沈黙。

◆水沢駒形15-0能代松陵
 こちらも予想外の大差がついて水沢駒形が勝利を収めた。駒形は初回に4点を挙げると、5回に7点、6回にも4点を挙げ、投げては千葉隼から元々は甲子園投手で、軟式では投手として活躍する玉城へとつなぎ能代を完封。能代は一時こらえたが5回以降崩れた。

◆盛友ク15-13黒陵ク
 壮絶な打撃戦で試合展開が5転。黒陵が4回に5点取れば、盛友は7回に7点、両チーム1本づつ本塁打が飛び出した打撃戦は、盛友クラブが最後中屋謙のサヨナラ本塁打でケリ、6月のクラブ選手権大会のリベンジを果たした。黒陵は千田も奮闘も最後は一発に泣いた。
※「中屋のサヨナラ本塁打」記述の理由→他の長打の場合は1点取ったら試合終了。たとえほかのランナーがホームインしても14点目で終わりのため。ずれていたらすみません。


─以上の経過を経て1日目の記述を終えました。2日目の記述が遅くなり、10日にようやく完成させました。以下記事をご覧ください。─

 まずは社会人野球・北上市長旗大会です。2日目が終わってもう次の週に入ってますが状態ですが、記述はしてまいります。5日に北上市江釣子球場で行われた大会2日目は準決勝、決勝が行われました。

◆富士大6-1青葉ク
 富士大は初回に3点をあげると、途中中だるみもしたが7回に2点、8回にも1点追加。投げては3投手継投で青葉を1点に抑え、決勝に進出した。青葉クは先発した佐藤が中盤富士大を抑え込んだが、打線の援護が9回の1点のみに終わった。

◆水沢駒形15-3盛友ク
 水沢駒形が満遍なく加点し、9回にはトドメの大量7点をあげ、投げては千葉から馬場へとつなぎ逃げ切った。捕手小又も奮闘。盛友クは前日サヨナラ本塁打の中屋謙から中屋祥の兄弟継投で対峙。5回に一度逆転したが後半はペースを持って行かれた。

◆水沢駒形4-2富士大
 3回までは0-0も均衡崩れたのは4回。駒形が一気呵成に攻め4点を奪取。高橋徳から松本利の左投手リレーで富士大に逆転を許さず、13年ぶりの優勝を成し遂げた。富士大は吉名が4回以外は0に抑え、終盤に2点返したが届かなかった。


 では表彰選手紹介とまいります。
▽最高殊勲選手賞 高橋徳朴(よしなお)投手(水沢駒形倶)
▽敢闘賞 吉田将選手(富士大)
首位打者賞 椎名潤選手(富士大).545

 水沢駒形が13年ぶりの優勝だったのは意外でしたが、クラブ選手権など近隣の他大会に出場することも多く、この間は富士大やオール江刺、佐藤組北上球友(いまの北上REDS)などに優勝を譲っていました。これで参加大会2連続の優勝です。
 例年秋田、宮城からも来ていただいていますが、青葉クはベスト4二回目ですか。中々宮城の壁も厚いけど今回はいい経験に。盛友は乱打戦をサヨナラで勝ち抜いた一戦を再浮上のキッカケに。北上の伊東投手もケガの事を考えれば「よくここまで持ってきたじゃ」、です。ただ、伊東昂大君と入れ替わるようにちと深いケガをした選手もいたとかで…秋口、ひんやりとした中の試合になります。くれぐれもお体ばん気をつけてプレーなさってください。野球の部分はここで終わります。


下記ランキングに参加しています。にほんブログ村 野球ブログ 社会人野球へ
にほんブログ村