MBC野球発信局-袖番号96 伊東勉のページ。

17年9月から移籍。こちらでは社会人野球など野球中心の記述をします。

下記ランキング参加しています。にほんブログ村 野球ブログ 社会人野球へ
にほんブログ村

社会人野球2016―毎日旗秋季大会兼東北連盟大会岩手予選の結果。企業の部はトヨタ東日本が、クラブの部は水沢駒形がうっ積晴らすV。毎日旗はトヨタ。

今晩は。ようやく9月第三週に行われた毎日旗秋季大会(東北連盟大会予選)の記述を行います。今大会は台風10号災害の傷跡もまだ残る久慈市周辺の開催となりました。開催に尽力いただいた皆様にはお礼を申し上げます。今大会は応援する赤崎野球クラブは不参加。全国大会直後のオール江刺、そこに届かなかったトヨタ、JR盛岡、水沢駒形など秋の「もうひとつの主大会」東北連盟大会を目指しました。初日は一回戦4試合が行われました。


→会場の一つ、野田村ライジングサン球場。14年に訪ねた時に撮りました。

◇黒陵クラブ 15-11 釜石野球団
 1回に黒陵が10点あげれば、すかさず釜石が8点を返すという激しい点のつかみ合いになった試合だが終わってみれば2回裏の3点が流れを決めた。加藤は試合中に修正し完投。釜石は述べ5投手が継投したが追いきれなかった。

◇雫石クラブ 3-2 MKSI BC
 隣町同士の対決。今年は安定して試合を作れるようになった投手陣の奮闘が終盤8回の逆転劇を産み、雫石が逆転勝ち。MKSIは3回に2点先制したが、以降追加点を奪えず、流れをじりじり雫石に明け渡してしまった。

◇久慈クラブ 3-1 一戸桜陵ク
 両チームとも得点機を生かしたのは一度のみ。その一度の爆発力で勝った久慈が広内バッテリーの奮戦で次戦に進出した。一戸は坂井が5回を除き久慈に加点を許さなかったが、初回にあげた1点以外広内を攻略できなかった。

宮古倶楽部 8-5 福高クラブ
 接戦が予想されたカードの差を分けたのは2度の大量得点。3、5回に3点ずつあげ、6回までにペースを握った宮古が終盤の福高の反撃をかわしきった。福高は戸来が登板も先手を打たれ、8、9回に追い上げたが及ばず。


 大会2日目は勝ち上がれば1日2試合。ひとつの大会で二つの目的を持つ(1→毎日旗争奪戦、2→東北連盟大会予選)クラブチームにとってはひとつの山場となります。では二球場合わせて6試合の結果は以下の通りです。

◇オール江刺 7-0 雫石クラブ
 全国大会帰りの江刺に成長中の雫石が挑んだ一戦だったが、江刺が地力を発揮、雫石3投手を攻略しまんべんなく加点し勝ち抜いた。左腕及川も力投。雫石は兼平がバットで意地は見せたが9回戦い切れなかたった。

矢巾硬式ク 4-0 黒陵クラブ
 矢巾大道、黒陵小山と長年チームを支えるエース同士のぶつかり合いは打線の着実な援護を受けた大道が黒陵打線を完封。小山は前日奮闘の加藤に続かんと試合を作ったが、打線が援護しきれなかった。

◇水沢駒形倶 3-0 宮古倶楽部
 宮古はエースの齋藤、駒形は近年登板機会を増やしている竹田が先発。齋藤は持ち味の粘りをみせ駒形に余分な失点は与えなかったが、駒形も菅原瑛の本塁打で得た3点を竹田→松本智とつなぎ宮古に失点を許さなかった。

◇盛友クラブ 7-2 久慈クラブ
 中盤まではもつれた試合だったが、7回の攻防が試合の流れを決定付けた。追い付かれた久慈の攻勢を食い止めた盛友はその裏に4点、更に8回にも追加点をあげ勝ち上がった。久慈は終盤の戦い方に悔いを残した。

◇準決勝
◇オール江刺 10-3 矢巾硬式ク
 矢巾は主戦南幅、江刺は今シーズン登板できるようになった伊藤が先発。矢巾が2回に先手を取り、その後は6回までに3-3と接戦に。しかし江刺は7回に一挙6点をあげると8回にサヨナラコールドに持ち込んだ。

◇水沢駒形倶 7-0 盛友クラブ
 駒形は「フェズントの魂受け継ぎし者」宮崎が先発。東北行きに燃える盛友はエース武田が先発したが、駒形は3回に2点をあげると以降毎回得点。松本との継投で決勝に進出。盛友は桂川がこの経験生かすか。


 大会2日目はこうしてクラブの部決勝進出チームが決まりました。最終日は企業2チームも参戦。各部門の東北行きと秋の岩手一をかけた戦いが繰り広げられました。

トヨタ自東 7-0 JR盛岡
 日本選手権予選では一勝をあげ、都市対抗では接戦に持ち込んだことを考えると…「今度こそトヨタ越え」意気込んだJRだったが、今年のうっ積を晴らさんとしたトヨタが中盤以降大量加点でコールド勝ちした。

◇水沢駒形倶 5-0 オール江刺
 宿命の奥州市対決は中盤までに5点を奪いペースを握った駒形が松本智→松本利の松本リレーで江刺打線を封じ込め東北進出を決めた。江刺は河内山が攻略を食らい、打線も駒形新鋭の松本智に苦戦した。

トヨタ自東 3-0 水沢駒形倶
 毎日旗争奪戦はトヨタ阿世知、駒形は馬場と両チームともエースを投入。駒形投手陣はトヨタ打線を3点に封じたが、阿世知は駒形につけ入る隙を与えず完封。岩手王者を維持し、次の戦いに向けての勢いをもどした。


 では表彰選手です。先に企業、後にクラブの部で紹介します。
・最高殊勲選手賞→大島建(ト東)松本利隆(駒形)
・敢闘賞→生平鷹秀(JR)河内山拓樹(江刺)
首位打者賞→大島(ト東)本郷智之(駒形)

 おめでとうございました。
 トヨタ東日本と水沢駒形は10月半ばの東北連盟大会に出場します。その組み合わせが岩手連盟HPに記載されていましたが、いま手元にありませんので紹介は北海道・東北交流大会と併せて後程。大会に関わられた皆様、お疲れ様でした。


下記ランキングに参加しています。にほんブログ村 野球ブログ 社会人野球へ
にほんブログ村