MBC野球発信局-袖番号96 伊東勉のページ。

17年9月から移籍。こちらでは社会人野球など野球中心の記述をします。

下記ランキング参加しています。にほんブログ村 野球ブログ 社会人野球へ
にほんブログ村

社会人野球2016・東北クラブカップ大会は東北マークス優勝。盛岡球友倶と共に北海道・東北交流進出決定!/赤崎野球クは互大設備に敗退。

東北クラブカップ大会は9月10、11日にかけて石巻市で行われました。ピックアップゲームは後程作りますが、まずは2日間7試合の結果をお伝えします。一回戦4試合は石巻市民、石巻江南公園両球場で行われました。



◆盛岡球友倶 10-4 キングブリザード
 久しぶりの東北進出に意気上がるKブリザードは3回までに3点をあげ、中盤まではリードを奪う。しかし盛岡球友は7回に5点あげ逆転すると、以降も追加点。5投手継投のKブリザードに打ち勝ち東北一勝を為した。

◆ALL北嶺 8-0 鶴岡野球ク
 これまでの実績では鶴岡に一日の長があったが、北嶺は2回に前評判をぶっ飛ばす猛攻で5点。3回にも追加点をあげ試合の主導権を握った。鶴岡はよもやの展開に防戦を強いられ、長打は出るが点に結びつけれずコールドで敗れ去った。

◆互大設備ク 2-0 赤崎野球ク
 秋田を勝ち抜いた原動力の菅原が力投。畠山塁の本塁打で機先を制した互大設備が復活途上の赤崎を破り久しぶりに東北一勝をあげた。互大は5回にも下位打線の活躍で追加点。赤崎は花崎が力投したがフライアウトを重ね援護できなかった。

◆東北マークス 8-1 郡山イース
 メンバーも変わって再浮上を期すマークスは4回に力感ある投球を見せていた桑原をとらえた。以降は郡山イースト投手陣を攻略。郡山イーストは個々の力では劣る要素がなかったが、特に攻撃時で好機を生かせずマークスに持っていかれた。


 …以上初日の4試合の結果をお伝えしました。この日は思ったより残暑が厳しかったのですが、次の日は一転、寒さすら感じる天候の中、大会の優勝と北海道・東北交流大会進出をかけた戦いが行われました。



◆盛岡球友倶 15-11 ALL北嶺
 盛岡球友が「岩銀野球部」メンバーの底力を見せ一気の大逆転勝利、函館行きを決めた。中盤までは北嶺が完全に押し6回終了で8-2。盛球は7回に一気に10点あげ逆転!北嶺も気概を見せ以降3点返したが届かなかった。

◆東北マークス 3-1 互大設備ク
 マークスは攻撃型のメンバー、柳原が連投で対峙した。一方互大は前日DH出場の伊藤一がマウンドに。2回に先制されるも6回に追い付いた。マークスは7回に2点をあげ勝ち越すと、柳原が以降の互大の反撃を封じ函館行きを決めた。

◆東北マークス 4-3 盛岡球友倶
 延長タイブレークまでもつれ込んだ熱戦は二度追い付いていたマークスがついにうっちゃりサヨナラ勝ち、大会初制覇を成し遂げた。佐藤輝が2試合25点の盛球打線を3点に封じ試合を作る投球。盛球は勝ち越せず東北初Vは逃した。


 表彰選手は以下の通りです。

・最高殊勲選手賞 佐藤輝投手(マークス)
・敢闘賞 鈴木治投手(盛岡球友倶)
首位打者賞 木村翔選手(盛岡球友倶)

 最高殊勲選手の佐藤投手が生まれたとき、敢闘賞の鈴木投手が32歳。対照的な表彰選手になりました。

 優勝したマークスは門奈さんや江井さん、只野さんら00年代を支えたベテラン勢に代わる次の世代メンバーが多く試合に出ていました。ダルビッシュ投手の同期の槙選手が年長者で、今回初見という選手が何人か。彼らがどう新しいマークス作っていくか見ものです。
 盛岡球友は今回、業務と重なってしまい主軸含む多数の選手が欠場。その中でかつての“岩銀野球部”メンバーが奮闘し、東北レベルの大会準優勝を成しました。
 考えてみれば決勝戦のカードはかつての「NTT東北」対「岩手銀行」の後継なんですね。各々の野球文化の後継と言い変えていい。

 準決勝進出のALL北嶺と互大設備。共に「新規加入選手の刺激」が生み出した「イキのよさ」がこの地点までの到達につながったでしょうか。北嶺は大量失点も意気は失わず、互大はマークスに突き放しはさせませんでした。
 郡山イーストジャパンは応援団も来て盛り上がり見せましたが、好機を生かせなかったのが結果苦杯に。久しぶりの東北舞台ビッグブリザードは4点あげたものの敗退。鶴岡は今大会唯一のコールドの敗退を喫してしまいました。東北連盟大会でのリベンジ狙います。

 そして、赤崎野球ク。守備面では耐える展開を幾度も潜り抜け、花崎投手も2失点、試合壊す様子全くなしの好投を見せましたが、打線が点を奪えず。「抑の練習の積み重ね」に加えて「立場優位に持っていく取り組み」の意識再構築を。「赤崎はアウトをとりずらかった」いうライバルの直言を旨に。
 社会人野球22年で1試合も出ていないやつが言うことでありませんが、野球に限らずスポーツは、うまくなっていくごとに「埋めていかなければならないピース」の要求が細かくなっていくんですね。ある程度までは大雑把でいいけど、それ越えたら段々に要求ががシビアに。

 マークスや郡山イーストのような「東北常連」、ブリザードや互大のような「復活組」鶴岡や赤崎はその中間でしょうか。クラブ選手権本大会に進出したリバース、江刺、アレッズ、富士通を追いかけます。秋季に行われるこの大会が、先行するライバルを追いかけるきっかけになり、東北のクラブ野球の底上げというか、撹拌につながれば、と願うものです。当然、赤崎クも必死に追いかけていきます。
 マークス、盛岡球友の交流大会の健闘を願い項を閉じます。


下記ランキングに参加しています。にほんブログ村 野球ブログ 社会人野球へ
にほんブログ村