MBC野球発信局-袖番号96 伊東勉のページ。

17年9月から移籍。こちらでは社会人野球など野球中心の記述をします。

下記ランキング参加しています。にほんブログ村 野球ブログ 社会人野球へ
にほんブログ村
社会人野球ランキング

CK92 大槌大会・第2日目の結果です。赤崎クラブは準優勝でした。

 こんにちは。伊東です。
 予告した通り、大槌大会の結果を記載します。
 体調の戻り具合見て応援も、とも考えましたが、多分そうなっても時間を割くのは別カテゴリの方、結果からいえば、体調も良くなく、直接の応援はできませんでした。
 そんな中行われた3つの試合の結果と雑感を下に記します。


◆準決勝第一試合
福島硬友クラブ 201002000 5
宮古倶楽部   00114100x  7

(福島)渡邉陽、紺野、渡部-宮本
宮古)沼崎-田代
本塁打 山崎(宮)
三塁打 朝倉、五十嵐(福)
二塁打 佐藤広(福)中村吉(宮)

◆準決勝第二試合
矢巾硬式クラブ 0000001 1
赤崎野球クラブ 2000006 8
矢巾)在家、門脇、大道-山名
(赤崎)佐々木慶-金野豊
二塁打 新山(矢)
三塁打 新沼(赤)

◆決勝戦
宮古倶楽部 002020000 4
赤崎野球ク 100000010 2
宮古)奥-田代
(赤崎)山本淳-金野豊
二塁打 村上耕(赤)大野、田代、川口(宮)

・最優秀選手 奥勝利投手(宮古
・敢闘賞と打撃賞 新沼圭史郎選手(赤崎)
 まずは…宮古には悪いのですが赤崎から。
 第一試合では佐々木慶喜君が好投。競った展開でしたが、踏ん張っていたようです。矢巾に7回に1点奪われましたが、その裏に一気に6得点奪い一気にコールドへ持って行きました。一旦波に乗り始めると止まらない打線は相変わらずです。

 決勝戦は満を持して山本淳一君が先発。初回に先制といい“入り”を見せました…が、3回に2点、5回にも2点奪われ、1-4と宮古にペースを握られました。その後8回に1点返しましたが、一歩及ばず敗れました。打撃賞に新沼圭史郎君が選出されましたが…どうにも悔しい一年になりましたね。
 参加した大会でベスト8が2度(都市対抗、クラブ選手権)、準優勝が2度(一関大会、大槌大会)、初戦敗退が1度(県知事旗春季)。ここまで8勝5敗1分という成績でした。

 この後の大会には参加しない意向との事ですので、今年度の野球はここで、という事になりそうです。ひと冬超え、心身ともに鍛えて、来年こそは幾多のライバルと今以上によくたたかいたいです。

 宮古倶楽部は2年連続の優勝となりました。今シーズン、チーム改革の成果はクラブ選手権の4強、この大会の高田、赤崎を破っての優勝という結果で出してきつつあります。
 この大会はルーキーの奥投手が赤崎との試合で完投勝利。最優秀選手になりました。
 ベテランの石田さんが後ろから見守る中、試合を作れる投手が増えつつあります。
 来年の成長が期待されるチームですね。

 矢巾は6回まで接戦を演じました。
 在家、門脇両投手がよく試合を作っていたのですが、7回につかまり集中打。エースの大道投手まで出して防戦に努めましたが、赤崎の攻勢を止められませんでした。
 この後の東北会長旗大会の参加がどうなるかわかりませんが、若手両投手を筆頭に多く場数踏んで行けばいいな、と思います。

 福島硬友は再びの長距離遠征となりました。本当にお疲れ様です。
 そんな中でも宮古と接戦を演じましたが、5回に大きく崩れたのと、6回のダメ押しが効いてしまったのでしょうか、あと一歩及びませんでした。
 アットホーム的な応援団は今でも健在でしょうか。
 またお互い応援合戦したいものですね。
 東京ドームや明石運動公園(高校・軟式)では熱戦が展開されていますが、甲子園など主だった選手権大会は終わり、熱い夏が過ぎ去ろうとしています。
 岩手の社会人野球も例外ではなく、この後は東北会長旗大会&毎日旗、北上大会、アマ王座決定戦と進むにつれて冬の足音も高くなってきます。

 “上”の大会に挑めるのは日本選手権のJR、フェズントにクラブ選手権の水沢駒形。
 行ける所まで突き進んでほしいです。
 そして、赤崎ク。
 準備期間はあります。
 実を詰めて頑張っていきましょう。

 では、この後はイレギュラーでもう一つ、野球の記事を入れていきます。
 「野球」「岩手」ではどうしても外せませんからね。
 (↑他にも外してないのあるだろ、という突っ込みはナシで(謝)。)
 この記事はいったん失礼します。


下記ランキングに参加しています。にほんブログ村 野球ブログ 社会人野球へ
にほんブログ村