MBC野球発信局-袖番号96 伊東勉のページ。

17年9月から移籍。こちらでは社会人野球など野球中心の記述をします。

下記ランキング参加しています。にほんブログ村 野球ブログ 社会人野球へ
にほんブログ村
社会人野球ランキング

CK109 毎日旗秋季大会の組み合わせ。今週末から熱戦です。

 この項では、今週末に行われる毎日旗秋季大会に関して触れさせていただきます。
 この大会にはクラブ21チーム、企業2チームが参加し、東北会長大会進出をかけて争われます。この大会には赤崎、久慈、大槌の3チームが欠場しますが、多くのチームが顔をそろえ、シルバーウィークとも言われる9月の大型連休の時期に、県北地域で熱戦が行われます。



・大会第一日(東北会長大会クラブ予選)
 1~5は一回戦、他は二回戦。

一戸第一試合 北上レッズ - 盛岡倶楽部 →1
一戸第二試合 盛友クラブ - 前沢倶楽部 →2
一戸第三試合 高田クラブ - 1の勝者  →6
一戸第四試合 一戸桜陵ク - 2の勝者  →7

二戸第一試合 遠野クラブ - 盛岡市立ク →3
二戸第二試合 釜石野球団 - 雫石クラブ →4
二戸第三試合 一関BBC - 3の勝者  →9
二戸第四試合 水沢駒形倶 - 4の勝者  →10

九戸第一試合 オール不来方 - 花巻硬友倶 →5
九戸第二試合 九戸クラブ - オール江刺 →12
九戸第三試合 黒陵クラブ - 5の勝者  →13

・大会第二日(東北会長大会クラブ予選)
 8、11は二回戦。他は準々決勝。

一戸第一試合 矢巾硬式ク - 住田クラブ →11
一戸第二試合 12の勝者 - 13の勝者 →16
一戸第三試合 10の勝者 - 11の勝者 →17

二戸第一試合 宮古倶楽部 - 福高クラブ →8
二戸第二試合 6の勝者  - 7の勝者  →14
二戸第三試合 8の勝者  - 9の勝者  →15

・大会第三日(東北会長大会クラブ予選)
 最初の2試合は準決勝、第三試合はクラブ決勝。
一戸第一試合 14の勝者 - 15の勝者 →18
一戸第二試合 16の勝者 - 17の勝者 →19
一戸第三試合 18の勝者 - 19の勝者 →20
       (勝者は東北会長大会・クラブの部に進出)

・大会第四日

一戸第一試合 フェズント盛岡 - JR盛岡 →21
       (東北会長大会企業の部予選。勝者が進出)
一戸第二試合 21の勝者 - 20の勝者
       (毎日旗争奪戦)


 まずは大会初日。
 一戸では4試合。
 北上はエースの抜けた投手陣の整備がどこまで進んだか。盛岡は若手の成長がどこまで進んでいるかが問われる。第二試合は盛友が踏んで来た場数を生かしたいが、前沢も新鮮力が刺激となる。第三試合では都市対抗で代表まで後一歩と迫った高田が、2年連続の東北行きに向けてどうスタート切るか。第四試合では一戸が地元でいい姿を見せたい所だ。

 二戸も4試合。
 第一試合、投手陣を軸に一定の地力を持つ遠野と、成長過程の盛岡市立が激突。第二試合では若手の爆発力も出て来た釜石に、自分のペースに持ち込んだら侮れない雫石が挑む。第三試合では2年ぶりの勝利に向けて執念燃やす一関が、第四試合では全国大会で地歩を示した水沢駒形が登場する。

 九戸は3試合。
 第一試合では不来方がここまでの不完全燃焼を晴らすたたかいをする事ができるか。花巻も若いメンバーを軸に旋風を起こしたい。第二試合はベガルタ仙台カラーのユニフォームに変え、地元でいいところ見せたい九戸が、一関大会優勝の江刺に挑む。第三試合では黒陵が前年、後一歩で逃した東北行きをかけて好スタートを切れるか。

 大会二日目は一戸、二戸両球場で三試合ずつが行われ、クラブの部のベスト4が決まります。
 一戸の第一試合は矢巾と住田。直前の大槌大会では悔しい結果としてしまった矢巾だが、若手投手陣の奮起に期待。一方住田はミスを少なくし、自分のペースに持って行きたい。
 二戸の第一試合は福高と宮古。大槌大会二連破と波に乗る宮古に、瞬間的な爆発力のある福高打線がどう挑むか。クラブ大会予選の再戦の行方如何に。
 第二、第三試合は準々決勝戦。第一試合に登場したチームは、連戦への対応力も問われます。

 大会三日目はクラブの部準決勝、決勝戦
 東北大会進出に向けての熱戦が行われます。
 ここまで2~3試合こなした後のレベル高い相手に連戦。各チームの対応力はここでも問われます。

 最終日は企業の部の代表決定戦と毎日旗争奪戦。
 今年度のJRとフェズントの対戦成績はフェズントの2勝1敗だが、JRも今年春季県知事、日本選手権予選を制覇している。この後の日本選手権東北予選を考えても手を抜けない試合になりそう。
 そして、毎日旗争奪戦・グランドファイナル(←勝手な名称ですみません)が行われ、岩手の秋の王者が決まります。

 先にも少し触れましたが、赤崎野球クラブはこの大会を欠場する事になります。
 欠場する詳しい理由は聞いていませんが、しっかりした形でこの大会に臨むのが難しいという話を聞きました。私自身もこの大会の観戦は難しく、現地でのレポートは残念ながらできませんが、参加する各チームの頑張りに期待します。

 この大会が終わると、いよいよ“バット納め”(シーズン終了を意味します)隣ります。次のたたかいに結び付く様なたたかいをみなさんしていただければ、と願いまして、毎日旗争奪秋季大会の紹介記事を終わらせていただきます。

伊東宛の私書箱はこちらからです。どうぞご意見をお寄せください。 


下記ランキングに参加しています。にほんブログ村 野球ブログ 社会人野球へ
にほんブログ村