MBC野球発信局-袖番号96 伊東勉のページ。

17年9月から移籍。こちらでは社会人野球など野球中心の記述をします。

下記ランキング参加しています。にほんブログ村 野球ブログ 社会人野球へ
にほんブログ村
社会人野球ランキング

第7回東日本クラブカップ大会、北海道対決制しトランシスが2回目の優勝!

 改めて今日は。
 結構な秋晴れが続いていますが、今週半ばに崩れるという予報が。洗濯物がどは少なくとも明日までには一区切りつけておきたいものですね。今日も宜しくお願いします。

 今日は土、日曜日に行われた東日本クラブカップ大会の模様をお伝えします。クラブカップ大会では初のドーム開催となったこの大会には、独自予選を勝ち抜いた北海道2チームと東北3チーム、クラブ選手権予選次点の北関東2チームに秋田予選優勝のゴールデンリバースが出場しました。初日の一回戦4試合からどうぞ。

《一回戦》
◆大曲BC8-5太田球友
 開催地地元の大曲が終盤に逆転、嬉しい一勝をあげた。大曲は6回までに3-1とリードしたが、太田は7回に一気の4点をあげ逆転。しかし大曲は8回に再逆転すると9回にだめ押し。エース田口が7回以外はしっかり抑え完投勝利。太田は山下の本塁打なども及ばず。

◆札幌ホーネッツ11-4鶴岡ク
 中盤まで競った試合だったが、5、6回に集中打を見せた札幌が鶴岡を突き放し二回戦進出を決めた。初回に4点あげ先行も、途中鶴岡が猛追。鶴岡は4投手継投で食らいついたが、札幌の強打に屈した。札幌先発鍵政は7回完投。平にも本塁打が出て好スタート。

トランシス6-5郡山
 先手をとったのは郡山。3回までに4-0とリードを奪った。トランシスは5回に追撃の狼煙をあげる2点を奪うと、7回に追いつき、8回に勝ち越し。9回に1点失ったものの4投手継投で逃げ切った。郡山は佐藤が強敵相手に奮闘。ひとつ足跡を残した。

◆宇大OB11-7ゴールデンリバース
 乱打戦も、8回の攻勢で宇大が突き放した。3回までで5-4。その後中盤は落ち着いたが、宇大が7回に1点、8回に5点をあげ、主導権を握った。大阿久、小宮に本塁打、古沢は途中攻勢食らうも完投。前年準Vのゴールデンリバースは8回に3点返すも後手に回り初戦敗退。


 初日はクラブ選手権の2日目ほどではないにしろ遅くまでの試合となったようです。ツイッターを見てみると天井にも結構ボールをぶつけたとか。上位大会にしては珍しく1日5本塁打が飛び出しました。金属時代以来です。
 こうして夜は更け日が明けて、大会2日目に突入します。

《準決勝》
◆札幌ホーネッツ7-6大曲BC
 地元の声援受けた大曲が決勝までアウト3つ…という所で札幌が逆襲。一気に4点をあげ、劇的なサヨナラ勝ちをおさめた。前半終わって2-1で札幌リードも、6、7回で5点奪った大曲が、本大会進出の貢献者今野の力投であと一歩まで迫ったが届かなかった。

トランシス5-2宇大OB
 前日4投手継投で苦戦したトランシスだったが、この日は鈴木が完投。打線も先制+終盤に地力見せ勝ち越し。決勝戦進出を決めた。宇大OBは内田、古澤両投手が踏ん張り、7回に2点をあげ追いついたが、8、9回にトランシスの攻勢の前に力尽きた。

《決勝戦
トランシス8-4札幌ホーネッツ
 中盤まで札幌が主導権掴んでたが、トランシスが7回追いつくと、8回5点の猛攻。最後蓼内(たてうち)が札幌の反撃を切り、優勝の座をつかんだ。札幌は鍵政が終盤まで力投見せるも猛攻に屈す。札幌川田、トランシス岩田に本塁打。し烈な北海道決戦だった。


 大会の表彰選手です。
▽最高殊勲選手賞 伊藤慎一選手(トランシス
▽敢闘賞 鍵政祥太投手(ホーネッツ)
首位打者賞 川田雅哉選手(ホーネッツ、.556)

 伊藤選手は決勝の5点に関わったのでしょうか…鍵政投手は3試合登板。川田選手は決勝戦本塁打を放ちました。

 クラブカップに関し今回で終わりになるのは度々言ってますが…特に東日本大会には思い入れが。私の応援する赤崎野球クラブは4回出場し、優勝、準優勝1回ずつ、計7勝あげている思い出多い大会です。
 東日本大会は北海道、東北、北関東地区が対象の大会。初回は岩手開催。その後北海道、足利で開催後、10年以降東北地区での持ち回りということになり、同年福島→11年は開催中止→12年仙台→13年青森→今回は大館と開催してきました。
 当初は「クラブ選手権の次点チーム」が出場、という形で行われてきましたが、10年から東北、更に北海道も独自予選開催に。色々なデータは、中日本大会が終わってからまとめますが、クラブ選手権の狭い枠でとらえきれなかったチームが、各道県強豪と戦う場として機能したかな、と思っています。東北地区に限れば、各県でも。
 一例あげれば岩手。ここ10年は駒形、江刺…そこに赤崎、高田、久慈位でしたか。東北予選に進出したのは。10年以降、クラブ選手権東北出場チーム以外でCC予選大会で争う形式にしたあとは、矢巾、遠野、一戸桜陵が新たに、久慈、一関、福高が久しぶりに東北の舞台で戦いを挑み、矢巾はあと一歩まで行きました。「上を目指せる」戦いがどれだけハリになるか。それ考えると大会なくなるのが惜しまれます。
 そういう意味で、西日本大会とはまた違う事情ですが、クラブカップに代わる「代替大会」の整備を考えていただきたいと強く思うものです。

 大館に集い、クラブカップに居合わせた皆様、本当にお疲れ様でした。また、前年対戦したトランシスの優勝おめでとうございます。いつか別な大会でお目にかかりましょう。拙稿はここにて終わります。


下記ランキングに参加しています。にほんブログ村 野球ブログ 社会人野球へ
にほんブログ村