MBC野球発信局-袖番号96 伊東勉のページ。

17年9月から移籍。こちらでは社会人野球など野球中心の記述をします。

下記ランキング参加しています。にほんブログ村 野球ブログ 社会人野球へ
にほんブログ村
社会人野球ランキング

クラブ選手権2、3、4日目の結果。東北マークスもタイブレークに散る!優勝は茨城ゴールデンゴールズに!

 こんばんは、伊東です。
 ここではクラブ野球選手権の2、3、4日目の結果を記していきます。本来なら各日毎に分けて書くべきでしょうが製作事情によりそれがかないませんでした。ご了承ください。まず最初に大会2日目、一回戦4試合の結果を記していきます。詳しいリポートは別にエントリを2つ用意しましたので参照いただければ幸いです。

◇浜松K8-7東北M
 延長TB3回繰り返す死闘は12回に3点奪った浜松が東北王者を破り二回戦に勝ち進んだ。浜松は7回に先制。マークスは8、9回に追いつき、若松が粘投見せたが、あと一歩届かなかった。浜松は3投手の継投で打線強化したマークスに勝ち越しまでは許さなかった。

◇全足利11-5NSB
 8回表終わって5-2、最速146キロ好投見せるNSB西原…という苦しい雰囲気を、たったの1回でNSB投手陣を打ち砕いた全足利が、逆転コールド間際まで攻め立て逆転勝ちを収めた。NSBは選手個々の資質の高さは見せ先行したが、全国戦で1日の長の足利に届かず。

【NSBクラブ】
4 岡林
6 神田
7 浦東厳
5 倉崎
2 山本
3 長方→代走、のち3小池
7 浦東淳
9 橋本
D 西村
1 西原→8回途中松本→8回途中樫岡→8回途中山下

【全足利】
9 谷口
D 吉田情→代打D新藤
2 吉原→9回2茂木
5 一澤
4 高橋悠
7 金田
3 熊田→9回3増淵
8 高橋二→9回8小宮山
6 吉田智→代打から6近藤
1 黒沼→5回から1中田→7回から1庭月野

◇大和高田16-2いわき
 3年振りに全国に出てきた大和高田が序盤から猛攻。最後まで手は緩めず16点をあげ、左の保谷→川崎の継投で逃げ切った。いわきは4回に鈴木の適時打で2点返すなど、10安打を放ったが、3投手が大和高田打線に強軟織り混ぜた攻勢を食らい、届かなかった。

【オールいわき】
8 松本
2 山田
5 猪狩勇
D 稲川
7 渡辺
3 水井
6 鈴木→7回代打太田
4 古村→7回代打猪狩考→代走大越
9 鵜沼良→7回代打矢吹
1 里見→3回から1遠藤充→5回から本田進→6回途中から岩崎

【大和高田クラブ】
8 後藤
4 内山
6 杉本→代走から6林
3 廣井
7 金井
5 谷口
D 吉永→代打D村上→代打D宮本
2 大谷→代走福山→7回から2恩生(おんしょう)
9 夛田
1 保田→6回から1川崎

◇松山フェニックス10-5山梨球友
 終盤までは追いつ追われつの好ゲームだったが、9回に均衡を破った松山が大量5点あげ、深夜に及んだゲームを制した。松山の田渕は先制本塁打やダメ押し三塁打などサイクルヒットの活躍。山梨は松山A松井をKO。投げても平井が奮闘したが9回に力尽きた。

【松山フェニックス】
8 越智
4 川本
6 秋山繁
D 池田→9回代走D高市
5 田渕
9 岡田→代打から9西尾
7 惣田
2 井上
3 弓達
1 松井→7回から秋山章

【山梨球友ク】
7→8 大志田
5 山口
4→6 窪田
8→4 保延
D 星野
6 佐々木→代打浅野→7武本
3 深沢
2 若杉
9 古屋
1 平井→9回途中から鈴木


 大会3日目は準々決勝4試合が行われました。
 野球のトーナメントは準々決勝が面白いという言葉もあり、多くの社会人野球ファンの方が西武ドームに詰めかけました。なお、私は別件で千葉に移動したので残念ながら見ていません。

◇YBC柏7-5箕島
 前年度優勝の箕島を勢いに乗った柏が破り、初出場でベスト4に進出した。柏は7回までに4-1とリード。箕島は8回に柏A田山を攻め、代打林の本塁打など一挙4点を挙げ逆転したが、柏はその裏に再逆転し逃げ切った。箕島は3投手継投で戦ったが終盤の攻勢にV2が消えた。

◇茨城GG6-2ビッグ開発
 両チーム共8安打放つも、ここ一番で得点を重ねた茨城が勝ち上がりを見せた。初回に茨城が先制もビッグが2回に神谷、比嘉の適時打で逆転。しかし5回に茨城が再逆転すると、8回にダメ押しの3点。投げては山本→岩田で逃げ切った。ビッグは羽地の粘投及ばず。

◇全足利8-1浜松KS
 好勝負も予想されたカードだったが、蓋を開ければ中盤からの足利の猛攻が炸裂。浜松3投手を打ち砕き7回コールドで試合を制した。足利右のエース庭月野は安定した投球で浜松を永友の適時打1本に抑えた。浜松は前日の粘りを出せず。なお盛大附出身の鴇田がDHで出場。

◇松山5-3大和高田
 予想通りの好勝負を演じた試合は延長戦に。タイブレークで爆発力を見せた松山が大和高田を破り、準決勝に進出した。松山が3回に先制、高田は7回に奮闘の秋山を打ち崩し追いついたが、TBで柱の一人米倉が踏ん張りきれなかった。ちなみに試合終了時間は19時6分。


 準々決勝を勝ちあがった4チームは、J-SPORTSの実況中継のある最終日に進出。第一試合はYBC柏と茨城GGの関東対決、第二試合は都市対抗野球でも対戦した全足利と松山フェニックスという好カードが並びました。勝負はいかに。

IMGP6244.JPG

◇茨城GG3-2YBC柏
 力感ある柏・真家と、軟投駆使の茨城岩田の投げ合い、序盤は0行進。しかし6回に柏が先制すると、一転厳しいつばぜり合いとなった。柏は継投策に出、最後はA田山まで投入したが、茨城は9回に樋口の適時打で勝ち越し。岩田が最後まで投げきり、関東対決を制した。

◇松山6-5全足利
 8回まで3-0とリードしていた足利が“都市対抗のリベンジ”なったか…と思わせたが、松山が9回に不死鳥のごとく猛攻。川本、越智、岡田の適時打などで一挙6点を挙げ逆転。足利も松井を攻め立て1点差までつめたが後一歩届かなかった。8回まで好投の黒沼、勝ちきれず。

◇茨城GG8-7松山P
 クラブ野球が社会人野球を席巻した今年度を象徴する試合、8-7の“ルーズベルト・ゲーム”を制したのは、クラブ野球に風を巻き起こした茨城GGだった。猛烈な乱戦を9回に追いつき、10回に投打に活躍の岩田が右中間安打で決着。松山は投手陣自責点2が惜しまれた。


 この大会の表彰選手は以下のとおりです。
▽最高殊勲選手 岩田紀彦選手(茨城)
▽敢闘賞 松井佑二投手(松山)
首位打者賞 田渕哲也選手(松山).688

 創設期からの主軸岩田選手は投打に奮闘。松井投手は右横からの剛球でチームを支えた。サイクルの田渕選手は率でも見せた。

IMGP5149.JPG IMGP5141.JPG

 岩田選手(左写真の背番号24)はここ数年投手としてマウンドにも立っていました。創設期からの生え抜き選手として頑張り、再びの優勝の原動力となりました。写真右は片岡安祐美監督。全国区の知名度を持ち、チームの支柱でもあった萩本欽一さんから監督に指名されましたが、スポニチで書かれていた記事では「何とかすんべ」と、チームメイトとの衝突も辞さず、で頑張っていた様子も書かれていました。こうしてゴールデンゴールズは“欽ちゃん球団”から、稲敷市に根ざした球団へとなり、今回の優勝につながりました。

 関わった皆様に祝福と、いずれの再戦挑戦、というメッセージを送ります。
IMGP5117.JPG

  今年もひとつの大きな戦いが終わりました。この後は各チームとも最終盤戦の戦いになって行き、日本選手権大会がその大まとめになります。ゴールデンゴールズにはぜひとも一旗あげていただきたい。それを心から願い、この項を閉じさせていただきます。



下記ランキングに参加しています。にほんブログ村 野球ブログ 社会人野球へ
にほんブログ村