MBC野球発信局-袖番号96 伊東勉のページ。

17年9月から移籍。こちらでは社会人野球など野球中心の記述をします。

下記ランキング参加しています。にほんブログ村 野球ブログ 社会人野球へ
にほんブログ村
社会人野球ランキング

クラブ野球選手権第1日目の結果…江刺、駒形の岩手勢敗退。/2日目の見どころ。

 おはようございます。
 今日の西武ドーム行きは11時頃からにする予定。体調維持を最優先で行動します。 この後は昨日の試合結果と今日の見所を紹介します。
 今日もよろしくお願いします。
 クラブ野球選手権は、どっかの馬鹿が車酔いでダウンしようが関係なく昨日開幕し、一回戦4試合が行われました。

◆箕島13-1江刺
 ビッグイニングを3度作った箕島が、体制を変えて臨んだ江刺に全国の厳しさを見せつけ一回戦を勝ち抜いた。9安打ながら敵失につけ込んだ。江刺は藤野の本塁打、村岡の2安打、古舘稔の全国初安打はあったが、守備の乱れで投手陣の自責は3という形で敗退を喫した。

◆YBC柏4-3千曲川
 勝利まで後一歩まで迫った千曲川だったが、9回に一気の逆襲に出た柏が逆転。初戦突破を果たした。7回まで1-1。8回裏に千曲川が田山をKO、赤羽の適時打などで均衡を破ったが、9日に鈴木ら柏の下位打線の活躍で逆転。真家が最後を締め、終盤の攻防を制した。

◆茨城GG5-4水沢駒形
 駒形ペースで進んでいた試合を最後追いつきうっちゃった茨城がサヨナラ勝ちし。駒形は初回に4点を先制。その後も高橋徳→馬場→松本とつなぎ勝利が見えたが、茨城が9回に同点に追いつきTBに。茨城が1点を奪い突破し、片岡安祐美監督の10年目に花をそえた。

 ちなみに片岡安祐美さんは大会表彰を受けています。
 女性野球人の道を切り開いてきた片岡さんに、改めて敬意を表すものです。

◆ビッグ開発3-2WEEDしらおい
 “南北対決”となったこの試合もタイブレークに持ち込まれたが、ビッグがサヨナラ勝ち。先制はビッグも、しらおいは高橋、岡川の適時打で逆転。しかしビッグが8回に追いつき、試合は延長に。粗さも見せたが勝負強さを見せ、救援好投見せた田中を破った。


 昨日は終盤の競り合いが多く、その中で江刺は一番悔しい思いをしましたが、バネにしての成長を期待しましょう。では、もう第一試合が始まっていますが今日の4試合の紹介です。

◆第一試合開始済み 東北マークス-浜松ケイスポーツ
 東北王者として望むマークスは若松、阿部ら投手陣が確立。打線も富岡、佐藤の加入や原子の成長で強力になった。一方浜松も前年代表愛工大ブリッツを破っての進出。都市対抗でも番狂わせを見せた力をどう発揮するか。地域トップの好勝負期待。

◆全足利-NSBク
 注目の都市対抗出場チーム足利が登場。得意の堅い試合運びでどう戦うか。マークも厳しくなるがそれに対応する力も問われる。一方のNSBも“都市対抗経験チーム”。中山製鋼をルーツに持ち、西近畿の戦いを勝ち上がってきたダークホース。どちらの組織力が上回るか。

◆大和高田-オールいわき
 意外だが大和高田は3年ぶりの出場。その実力は折り紙つきだが、東近畿での戦いで屈辱も味わった。久しぶりの西武ドームでどう躍動するか。一方オールいわきは5年ぶりの全国。厳しい相手と相対するが、震災を越え、猛暑の中勝ち抜いた底力に期待したい。

◆松山フェニックス-山梨球友
 松山は今夏都市対抗本大会にも進出。東京ドームで2試合戦った成果をこの大会でどう出していくか。エース松井の投球にも注目。一方山梨は20年ぶりの出場。第4回大会の優勝チームも雌伏を経て、今予選では所沢を破っての進出。その戦いぶりに期待したい。


 …と書いた所で、西武ドームに移動を開始します。
 久しぶりに体験する車酔いという予想外の事態で、「一回戦8試合全部見る」予定を大幅に縮小せざるを得ませんでしたが、特に第3、第4試合は注目してみようと思っていたカードでした。以上、最低限の記事製作は行い、後は西武ドームからの記事製作になります。今日も熱戦を期待して、いったん項を終わります。


下記ランキングに参加しています。にほんブログ村 野球ブログ 社会人野球へ
にほんブログ村