MBC野球発信局-袖番号96 伊東勉のページ。

17年9月から移籍。こちらでは社会人野球など野球中心の記述をします。

下記ランキング参加しています。にほんブログ村 野球ブログ 社会人野球へ
にほんブログ村

九十六の巻 高田クラブ、一歩及ばず。福島大会の優勝は東北マークス。

 続きまして…と言いたい所ですが、よくよく考えると、この記事の方が上部に来てしまうのに今気づきました。今日の2つ目の記事製作はここです。ハイ。

 福島市で行われていた福島市長杯大会。一昨日、昨日と勝ち抜いていた高田クラブは、準決勝で福島硬友と対戦。序盤に2点、8回にダメ押しの3点を奪われ、勝負は…という場面でしたが、高田は9回に一気呵成の反撃。一気に1点差までつめましたが、あと一歩届かず、決勝戦進出まではなりませんでした。

 もう一つの準決勝は、東北マークスが中盤以降圧倒的な攻撃力を見せ、終わってみれば予想外の17-5、7回コールドで伊勢崎硬建クに圧勝。決勝戦でも福島硬友相手に常にペースを握り続け、7-2で勝ち、この大会優勝を成し遂げました。
 東北マークスブログによると、江井さんや佐藤さん、若手の加藤君もオーダーに入っていない打線でしたが、それでも赤崎が1-0でやっとこ勝った伊勢崎に17点コールド勝ちとは…全国行くための“カベ”改めて、思い知らされました。

 高田クラブもエースの馬場、ルーキーの三浦両投手が奮闘し、春の大会5試合をたたかい抜きました。当然、彼らも視線は「5年ぶりの東北予選」でしょう。
 勝ちたいという思いはみな同じの勝負の世界。その中でどうたたかい、どう支えるか。億分の一でも力になれるようにします。

 今日の二つの拙稿、お読みいただきありがとうございました。


下記ランキングに参加しています。にほんブログ村 野球ブログ 社会人野球へ
にほんブログ村