MBC野球発信局-袖番号96 伊東勉のページ。

17年9月から移籍。こちらでは社会人野球など野球中心の記述をします。

下記ランキング参加しています。にほんブログ村 野球ブログ 社会人野球へ
にほんブログ村

百二十二の巻 赤崎、江刺に勝つ…!ベスト4決定、勝負はクライマックスシリーズに!/都市対抗野球岩手予選・第3日目

 こんにちは。伊東です。
 今日31日は、岩手県営、花巻市営で4試合が行われ、ベスト4進出チームが決まりました。まずは赤崎の試合からごらんいただきます。

5.31 県営球場
 昨日に続いて、この日も快晴です。

 前年の激戦再び!
 大船渡市・赤崎と奥州市・江刺の試合は初回から動きました。
 奥州市先頭の藤野選手が一塁のミットをはじく安打、高林選手が四球でできた好機にこの日4番に入った菊地恵太選手がレフトオーバーの二塁打を放ち、2点先制しました。

 奥州市先発はクラブ大会で1試合15奪三振佐々木貴投手。2回までは大船渡打線を0に抑えていましたが、3回に2連続死球からペースを乱し、佐藤琢哉、清水両選手の適時打で同点。さらに生形選手のスクイズで大船渡市は逆転に成功しました。
 さらに1点加えた大船渡市に対し、奥州市は「歴史を刻みし名投手」寺長根投手を投入。防戦に勤めますが、大船渡市は7回に新沼選手の二塁打から活路を見出し、村上耕選手の安打⇒佐藤、清水両選手の犠牲フライで2点を加え、ダメを押しました。

 大船渡市先発の志田投手は、初回こそ立ち上がりをつかれ2点を失いましたが、後は落ち着いて試合を作り、7回まで好投。8回からは“スイングマン”佐々木慶喜投手がリリーフ。逆転狙う奥州市打線を打ち取り、6-2で勝利。“クライマックスシリーズ”進出を決めました。

赤崎・志田投手 赤崎・佐々木慶喜投手
 ⇒この試合を投げぬいた2人。写真左の志田投手は7回を被安打4の好投。佐々木慶喜投手も小気味いい投球で2回をしめました。

赤崎・佐藤選手 赤崎・清水外野手
 ⇒昨日に続いて活躍の3、4番コンビ。写真左の佐藤選手、右の清水選手共に2安打2打点。

赤崎・新沼内野手 赤崎・金野捕手
 ⇒写真左は7回のダメ押しの要因を作る二塁打を放った新沼選手。写真右は正捕手・村上修選手の不在を埋め奮闘した金野豊選手。

江刺・寺長根投手 江刺・菊池恵太選手
 ⇒写真左・寺長根一真投手。この投手の存在が、今の江刺を作り上げました。写真右は、初回に先制打を放つなど3安打。次代の江刺の軸になりうる菊地恵太選手です。

大船渡市004000200 6
奥州市 200000000 2
二塁打 清水、新沼(大)菊地恵(奥)
【大船渡市】5新沼 4村上耕 9佐藤 7清水 D生形 6多田 7佐々木宏 3山下 2金野豊 1志田直 (途中交代)平野(山下・6回代打⇒3)出羽(生形・7回代打⇒D)佐々木慶(志田直・8回から1)
奥州市】9藤野 6武田 5高林 3菊地恵 2伊藤 7岩渕裕貴 D岩渕悠 4菊池歩 8千田 1佐々木貴 (途中交代)寺長根(佐々木貴・3回途中から1)小原(菊池歩・9回代打)

 続く第二試合は奥州市・水沢駒形倶楽部と一戸町・一戸桜陵クラブの試合です。
 奥州市は初回からエンジン全開。無安打で1点を取ると、2回に本郷選手の適時打で2点、3回には玉城、千葉光輝、本郷各選手の適時打で5点を挙げ、試合のペースを握りました。
 4回にも新渡戸選手の二塁打、5回にも本郷選手の三塁打から1点を奪取し、一戸期待の左腕投手・小漆投手をKO。
 しかし、一戸も意地を見せます。4回まで無安打投球の奥州市エース・佐藤功也投手を攻め、松田選手がライト前にはじき返すと、深田選手がレフトオーバーの大飛球、後少し伸びれば本塁打二塁打で1点を返し、リリーフした大釜投手も気合の投球で奥州市に抗しましたが、奥州市はこの後も手を緩めず佐藤雄亮、菊池良幸両投手のリレーで一戸を封じ、12-1の圧勝で準決勝進出を決めました。

駒形・佐藤功也投手 駒形・佐藤雄亮投手 駒形・菊池投手
 ⇒写真左から佐藤功也、佐藤雄亮、菊池良幸3投手。
 両佐藤投手は柱としての紹介が多いので…菊池投手も、いわゆる“スイングマン”としての要素がある投手。いつでもチームのために登板できる投手です。

一戸・小漆投手 一戸・大釜投手 一戸・深田泰之選手
 ⇒写真左は去年途中からの加入、小漆投手。写真中は気合の投球で奮闘した大釜投手です。写真右は特大二塁打の深田選手。11年前の準々決勝、宮城建設戦での特大ホームランは今でも鮮明に覚えています。
駒形・本郷選手と加藤武選手
 ⇒奥州市期待の本郷選手と、この日4番としてチームを支える加藤武選手。チーム全体で、野球に対する姿勢貪欲です。

奥州市 1252101 12
一戸町 0000100 1 7回コールド
二塁打 新渡戸(奥)、深田泰(一)
三塁打 本郷2、佐藤辰(奥)
奥州市】8本郷 4羽藤 5→4及川将 3→5加藤武 2玉城 7新渡戸 9千葉光 D今野 6千田雄 1佐藤功(途中交代)佐藤辰(羽藤・5回代打→3)佐藤雄(佐藤功・6回から1)小林(本郷・6回から8)菊池良(佐藤雄・7回から1)堀合(及川将・7回から4)
【一戸町】2平 5堺田 4中里 3松田 7苅谷 6深田泰 D→5回途中から1大釜 9苗代幅 8久保田 1小漆(5回途中まで)

 花巻球場の2試合の結果は以下のとおりです。

盛岡市・JR盛岡 4-1 北上市・北上レッズ
盛岡市・フェズント岩手 21-2 盛岡市・オール不来方 7回コールド


 北上市は、高橋利紀投手が踏ん張ったようですが、盛岡市JRには後一歩及ばず、ベスト8で敗退となりました。盛岡市フェズントは前日の試合で納得行かなかった部分を乗り越えんと不来方に猛攻。不来方は信太選手の本塁打で一矢報いました。

 これで今年のベスト4進出チームは決定。以下の4チームが東北大会進出をかけてたたかいます。
 盛岡市・フェズント盛岡
 盛岡市・JR盛岡
 奥州市・水沢駒形倶楽部
 大船渡市・赤崎野球クラブ

 この4チームによる「クライマックスシリーズ」は、6月5、6日に岩手県営野球場で行われます。ぜひお越しください。

 個人的な感想は、明後日あたりにアップします。
 今日はここで失礼します。拙稿お読みいただきありがとうございました。


下記ランキングに参加しています。にほんブログ村 野球ブログ 社会人野球へ
にほんブログ村