MBC野球発信局-袖番号96 伊東勉のページ。

17年9月から移籍。こちらでは社会人野球など野球中心の記述をします。

下記ランキング参加しています。にほんブログ村 野球ブログ 社会人野球へ
にほんブログ村

百二十九の巻 都市対抗岩手県予選(前編)-第一代表決定戦。フェズント岩手、3年連続の優勝!

 こんにちは。伊東です。
 今日の記事制作は2部構成でお送りします。
 例によって、記事中の敬称は略します。

 今日行われた都市対抗野球岩手県一次予選大会は最終日を迎えました。
 第一試合は決勝戦・第一代表決定戦の「盛岡市・フェズント岩手」対「奥州市・水沢駒形倶楽部」のカードで行われました。
 フェズントは左のエース・柿沢投手を、駒形は新鋭の高橋修平投手を先発に立てました。

F岩手・柿沢投手1F岩手・柿沢投手2F岩手・柿沢投手3

駒形・高橋修平投手 F岩手・菅原選手
⇒写真上段・柿沢投手の連続写真です。
 写真下左・駒形先発の高橋修平投手。右下は先制打のフェズント・菅原選手です。


 4回までは両チーム0更新が続いていましたが、均衡が破れたのは5回のフェズントの攻撃。土岐が相手のエラーで出塁すると、柿沢がすかさず送り、2アウトにはなったものの菅原が右中間を破る三塁打を放ち先制。6回にも高橋の安打後植松の打球が再び敵失となり一死一、二塁。ここでこの日6番に昇格してきた山本がレフトへはじき返し2点目をたたき出した。

駒形・加藤武投手  駒形・佐藤功也投手 
⇒写真左は加藤武投手、右は佐藤功也投手。

 駒形は高橋のが乱れると見るやエース佐藤功也をつぎ込んだが、8回にフェズント主将の渡邊にレフトスタンドに叩き込まれる本塁打を浴び、3-0とフェズントがリードを広げる。
 駒形はさらに佐藤雄亮、さらには加藤武までつぎ込み防戦に努めた。

 F岩手・ピンチ切り抜ける。 駒形反攻!
⇒両チームとも一丸でたたかう姿勢の見える一風景です。左がフェズント岩手、右が水沢駒形。

 が、援護を発する事ができない。柿沢の前に6回まで出塁自体が四球一つと相手エラー1つのみ。7回に佐藤辰哉が初ヒット。新渡戸も続いたが加藤武の打球はセンター正面を突き逸機。8回にも菊池譲の安打が出るもののつなげられず、最後まで柿沢を崩す事ができず試合終了。フェズントは3年連続の優勝、4年連続の東北大会進出を果たした。

盛岡市 000011010 3
奥州市 000000000 0
二塁打 植松(盛)
三塁打 菅原(盛)
本塁打 渡邊(盛)

盛岡市】7菅原 6佐々木 9高橋 4渡辺 5植松 8山本 2土岐 1柿沢 3玉川
奥州市】8千葉光 9千葉康 D佐藤辰 3深井 7新渡戸 5→9回から1加藤武 4→9回から5菊池譲 2斎藤 6千田 1高橋修 (交代選手)佐藤功高橋修・7回途中から1)佐藤雄(佐藤功・8回途中から1)羽藤(佐藤辰・9回から4)佐藤剛(斎藤・9回から2)上家(羽藤・9回代打)



 メンバーが少なくなり、今大会では指名打者も使わずたたかい抜いたフェズントでしたが、緒戦、次戦と圧勝。JR、駒形との試合でも好機をより多く作り、意識の高い打線で勝ち抜くたたかいを進めました。その結果が、私の確認した部分で出場選手11人での優勝に結びついたものと思います。

 そして、この試合で敗れた駒形と、昨日の死闘をたたかい生き残った赤崎との試合が始まりました。この項はエントリを改めてお送りします。

百二十九の巻 都市対抗岩手県予選(後編)-第二代表決定戦。死闘再び赤崎-駒形。10回の攻防の末-。


下記ランキングに参加しています。にほんブログ村 野球ブログ 社会人野球へ
にほんブログ村