MBC野球発信局-袖番号96 伊東勉のページ。

17年9月から移籍。こちらでは社会人野球など野球中心の記述をします。

下記ランキング参加しています。にほんブログ村 野球ブログ 社会人野球へ
にほんブログ村

759歩目 一番野球に熱い都市はどこだ―”都市対抗野球東北二次予選開幕前夜特集。30日の試合の見所。

 今日のツイート連続記事は「“一番野球に熱い都市はどこだ”都市対抗野球東北二次予選開幕前夜特集」をお送りします。が、ネットカフェでの製作を予定しているので本格的な製作は夜中になります。
 それまでは資料無しで書ける「福島行き準備会」をお送りします。

 まあ昨日のみっともなさは酷かった酷かった。どっちも福島市内の2球場で対応するのかと思いきや、昨日の毎日新聞の記述で“ハッ”とさせられたわけです。組み合わせの記事はトーナメント表見ながら書いたので間違わずにすみましたが。福島の公式戦で行ったことあるのは福島と会津坂下のみ。会津坂下に行ったときの宿泊が郡山だったのですが、どこでどう間違ったんですかね。ま、県営あづま球場と間違ったのでしょうが。はらひれ。ほんでも車を使った長旅は何ぼでもしているし郡山は幾度も通りかかっています。だから行くこと自体は事故にさえ気をつければ大丈夫です。

 問題は“目的地郡山は初めて”“前日夜まで外せない所用”“自分及び母の体調”です。最初は「地図よく読んでけ」ですが、後の2つは各々に大事で、ツイッターに「行くぞ」言ってて難ですが、とても無理だぞ思ったら中止を簡単に決めます。
 春の県北巡りでは様々なテーマをくっつけて歩いてきましたが、今回は無理ですね。定番の古本屋回りはともかくとして。くりはら高原鉄道見てこようか、は考えましたが今回の日程では厳しいです。まして高速は使わない主義なので。月曜の夜に大事な用が入りまして、夜までに岩手に帰ってきておかなければならなくなりました。それがなければ月曜日むったり使って帰ってくるつもりでましたが仕方ないですね。100点寒天ってわけにはいきませんわ(←そこは“満点”で点数は0な、という突っ込みはご容赦を)。

 さて無駄話はここで終了。本編に入ります。
 30日から開幕する都市対抗野球東北予選。
 明日の試合予定は以下のとおりです。

◎30日・開成山球場
10:00頃 仙台市七十七銀行秋田市・ゴールデンリバース
12:30頃 仙台市JR東日本東北 - 青森市自衛隊青森

◎30日・信夫ヶ丘球場
10:00頃 山形市きらやか銀行奥州市・水沢駒形倶楽部
12:30頃 福島市・福島クラブ - 盛岡市・JR盛岡



◆七十七-リバース見所
 七十七はJABA東北大会こそ3勝あげたものの、県予選ではJR東北に敗退、東北マークスには追いつかれる間際まで詰められたが振り切って東北大会に進出。前年秋は日本選手権に出ているだけに総合力で都市対抗でも東北1を取り戻したい。ゴールデンリバースは大曲、互大設備に集中攻撃を浴びせ東北大会進出を決定した。TDKにこそ敗れたが秋田No2争い演じるチームとしてJR秋田の東北4位以上を狙う。
 厚い選手層を持つ七十七が優位とも見られるが、各種大会で勝ち方を知っているリバースの展開しだいでは接戦もありえます。

◆JR東北-自衛隊青森見所
 前年は21年ぶりの県予選敗退の“失態”も東北会長大会から復調し始め、今年は静岡大会で2勝、東北大会では優勝を成し遂げた(日本選手権出場)。県予選ではHOKUTO、七十七 に勝ち、日本製紙とも接戦。新型JRはどこまで突っ走るか。自衛隊青森は全弘前に5-0で勝つと、決勝ではクラブカップ優勝で勢いに乗る三菱製紙八戸を2-1で破って東北に進出してきた。前年秋には屈辱的な点差をつけられたJRにどこまで迫れるか。
 前年秋の対決はJRの圧勝に終わったが、都市対抗という舞台でどのように作用するか。注目したい。

きらやか銀行-水沢駒形見所
 きらやか銀行はここ数年全国まであと一歩と迫りながらも…という戦いを見せてきた。県予選は鶴岡を10-0、新庄を10点攻撃二度の27-0で通過。東北大会でも2勝をあげた。中里監督先頭に戦力も増し東京ドームを目指す。駒形は県知事旗大会で準優勝、県予選でも市内ライバル江刺に勝ち、JR盛岡にリベンジ許したがフェズントに終盤逆転し東北行きを決めた。右左ともに2枚看板の投手陣に統率取れた攻撃陣で対企業に挑む。
 全国目指すきら銀だが、駒形も東北のクラブでは企業と相対できる有数のチーム。好勝負を。

◆福島クラブ-JR盛岡見所
 これまでライバルの後塵を介してきたが、元々は戦前から連なる歴史を持つチーム(東北出場が16回目=戦前の“福島倶楽部”とつながりと判断-伊東)。古豪の力を東北の舞台で発揮することができるか。前回見せ場作ったのも“JR(そのときは東北)”戦。次は1勝を。JR盛岡は県知事旗大会で駒形に敗れたものの、県予選で宮古、高田を破り、駒形にリベンジ成功し東北進出。決勝は若さゆえのミスもあり差をつけられたが幾人か台頭してきた若手がどう見せ場を作るか。
 共に起伏を経ての東北進出。今回の戦いで足跡を刻み、よりいいチームへの成長を図りたい。


 …と、ここまで4試合の見所を書いてきました。複数チーム出場県の第一代表は31日からの出場となります。(岩手・トヨタ、宮城・日紙石巻、秋田・TDK、福島・郡山イースト)
 さて、一気に暑くなってきましたね。
 最近天気の山が6月に来ますわ。
 ということで天気予報行きます。

気象庁 | 天気予報: 福島県。
 好天の予報ですが、気温の差が激しいので体調管理、それと天候変動には気をつけて試合をご覧ください。

 ここまでずったらと都市対抗野球の話題に触れてきました。参加される皆様の健闘を願って、今回の記事を閉じます。毎度ですが好き勝手書いてすみません。失礼します。


下記ランキングに参加しています。にほんブログ村 野球ブログ 社会人野球へ
にほんブログ村