MBC野球発信局-袖番号96 伊東勉のページ。

17年9月から移籍。こちらでは社会人野球など野球中心の記述をします。

下記ランキング参加しています。にほんブログ村 野球ブログ 社会人野球へ
にほんブログ村
社会人野球ランキング

384歩目 クラブ選手権岩手予選4日目 優勝は駒形!江刺とともに東北進出!/高田、宮古の沿岸勢は一歩及ばず。

IMGP3599.JPG

⇒クラブ野球選手権の岩手予選も最終日を迎えました。地元奥州市のチームが2つ出てくるとあって、江刺運動公園野球場は多くの応援のお客様でにぎわいました。私はこの後の仕事もあったので球場にいることができたのは1時間と少しだけでしたが、その中でもいろいろな表情を見る事ができました。その様子を以下に記していくことにします。

【準決勝 水沢駒形 7-0 高田クラブ 8回コールド】
 水沢駒形は終盤の攻勢で高田を一気に突き放し、コールドで東北大会進出を果たした。水沢先発松本はランナーを出しながらも失点は許さず。高田嶋村は序盤好投を見せたが、天候変化に着いていけず駒形の攻勢を止められなかった。

IMGP3568.JPG IMGP3571.JPG
⇒写真左は高田先発の嶋村投手。序盤は「すごかったぞ(関係者)」という投球を見せましたが、終盤にばてた所を駒形は見逃さずとらえられました。しかし都市対抗のフェズント戦と合わせて目を引いた選手でした。写真右は高田を完封した駒形・松本利隆投手。「駒形の18番は左の軸」を定着させることができるか注目です(新田君を別格として)。

IMGP3574.JPG IMGP3576.JPG
⇒高田は8回に写真左・畠山選手の安打で好機を広げますが、同右・熊谷駿選手の一打は内野フライとなり逸機に。悔いの残る結果となりました。

IMGP3579.JPG IMGP3569.JPG
⇒途中のピンチに戸羽直之監督はマウンドに。一関学院の後輩でもある嶋村選手に激を入れます。(写真左)菅野貴行選手はこの日野手として登場。高校時代野手として頭角を現したころを思い出します。

IMGP3577.JPG
⇒チーム一丸となって戦う駒形ベンチと、それを見守る応援団・後援者の皆様です。

IMGP3581.JPG IMGP3583.JPG IMGP3584.JPG
⇒8回裏に攻勢かける駒形。この日2番に入った菅原貴史選手が犠牲フライ。続く玉城宏二選手が適時打を放ち6-0に。そして4番深井展広選手の打球はライトに…。

IMGP3585.JPG
⇒ライトからの返球、タイミングはアウトでしたが、バウンドが合わず取り損ねてしまい、サヨナラのコールドが決まってしまいました。捕手は峯井勇選手、ランナーは村上健太選手(だったはず)。

IMGP3586.JPG
⇒2回勝ち抜きベスト4進出を果たしましたが、駒形に敗れた高田。秋のたたかいに向けての一歩目を踏み始めました。

【準決勝 オール江刺 6-4 宮古倶楽部】初回に村岡の適時打で3点を先制した江刺だったが、以後は宮古の斉藤を打ちあぐみ、終盤に宮古出身の八木が猛襲を食らい逆転されたが、その裏に逆転し東北切符をつかんだ。宮古は8回裏の守備に悔しさ残したがベスト4にふさわしい戦いを見せた。

IMGP3587.JPG
宮古倶楽部はこの日10数人で試合に臨みました。なお、毎日新聞で気になる記述が。浅沼和公さんが闘病、という記事です。この文面の上からで申し訳ありませんが浅沼さんの快癒を心から願います。

IMGP3590.JPG IMGP3592.JPG
⇒写真左は古舘昴樹選手(背番号24)と古舘稔騎選手(同13)。本人に聞いていないのですが兄弟でしょうか。いつかこの二遊間も見てみたいものです。昴樹君が大けがから復帰したのに安堵しています。
 一方右写真は江刺が誇る「FMコンビ」。藤野浩明選手(背番号8)は今年から外野に復帰。村岡康仁選手は初回の3点に貢献しました。

IMGP3597.JPG IMGP3598.JPG
⇒野球の新たなキーワードといえば“二刀流”。その言葉で注目される選手が岩手出身(言うまでもなく大谷翔平選手)だけに岩手でもその姿が多く見かけるように。大会2日目では北上レッズの吉崎夏樹選手が、この日は宮古倶楽部の斎藤洋平選手が4番投手として登場し、存在感を見せました。

【決勝戦・水沢駒形7-4オール江刺】
 9回に追いついた駒形が、タイブレークの10回に玉城の適時打、深井の本塁打で一挙5点を奪い、県大会の優勝を決めた。江刺は初回に村岡の適時打で先制し7回にも追加点。8回までリードをしていたがあと一歩の詰めを誤った。

 最優秀選手と首位打者賞は駒形の深井選手、敢闘賞は江刺の村岡選手が獲得しました。よく考えてみれば、この2人は富士大学野球部の先輩後輩だったんですね。頼れる力持ち4番打者のライバル争いはこれからが旬です。

◆各県代表
 青森 弘前アレッズ
 岩手 水沢駒形倶楽部
     オール江刺
 秋田 ゴールデンリバース
 宮城 東北マークス
     TFUクラブ
     HOKUTOクラブ
 山形 鶴岡野球クラブ
 福島 富士通アイソテッククラブ
     須賀川クラブ


 もうすでに組み合わせも決まっていて、8月2日から4日までの3日間、石巻市を中心とした会場で4つの東北代表を争います。雑感などが今日は書けない状況なので、それは今月末まで待ってもらってもよろしいでしょうか。とにかく、4日間の戦いの末、東北の舞台に挑むのは駒形と江刺。他の県の伸長も著しい(特に宮城)中で、西武ドーム目指して頑張っていただきたいところです。
 今日の記事制作はここまでにします。
 長文お読みいただきありがとうございました。


下記ランキングに参加しています。にほんブログ村 野球ブログ 社会人野球へ
にほんブログ村