MBC野球発信局-袖番号96 伊東勉のページ。

17年9月から移籍。こちらでは社会人野球など野球中心の記述をします。

下記ランキング参加しています。にほんブログ村 野球ブログ 社会人野球へ
にほんブログ村
社会人野球ランキング

459歩目 全日本クラブ選手権・初日の見所。

 おはようございます、伊東です。
 社会人野球・第38回全日本クラブ選手権は今日が開幕。今日は西武ドームで4試合行われます。拙稿では今日行われる4試合の見所を記していくことにします。

【WIEN94-エディオン愛工大OBブリッツ(以下本文ではブリッツ)】
 関東の古豪と東海の新興勢力との激突。ブリッツは愛知県予選を圧倒的力で勝ち進むと、東海予選では三重高虎と浜松との接戦を勝ち抜きドーム進出。都市対抗でも東海企業Tに見せ所作るなど存在感が出てきた。
 WIEN94は東京、南関東予選ともに一歩抜きん出て勝ち抜き、前年のリベンジ果たし8年ぶりに本大会進出。ブリッツも3年ぶりの本大会でともに久しぶりの本大会。どういう見せ場を見せるか注目。

【オール江刺-MSH医療専門学校】
 特に10年代以降経験を積んだ江刺と、初出場のMSHがぶつかる。MSHは一次予選でMJG島根との1-0ゲームを乗り越えると、以降波に乗り、松山や防府といった全国経験のあるチームを接戦で破り全国進出。CC経験も生かし初勝利をめざす。
 一方江刺はここ2、3年若手投手を辛抱して使ってきた成果が現れ、八木、佐々木、河内山が台頭。職業選手進出で軸の一人が抜けたが、藤野、村岡中心の打線で援護してまずは2年ぶりの一勝を目指す。

ミキハウスREDS-茨城GG】
 ミキハウスRITS BASEBALL CLUB名で出場した07年以来6年ぶりの登場。元ホークスの山田など2投手が補強選手選出になるなど個々の力が強力。東近畿で本大会優勝歴のある滋賀高島や大和高田を破った力は侮れない。
 茨城はTukuba、コットンウェイなど新興勢力に競り勝ち2年ぶりの本大会。前年は全足利に敗れ選手権を逃しCCでは赤崎に準決勝敗退。新戦力も入り、片岡監督以下鬱積を晴らす舞台に出来るか。

弘前アレッズ-千曲川ク】
 共に初出場となるが、その後景は違う部分も。千曲川はかつて同地域にあったTDK千曲川野球部のメンバーも加わり、地域の硬式野球を灯し続ける存在として今年“復活”。HBC金沢やファイティング・スピリットを破り全国の舞台に踊り出た。
 一方弘前アレッズは市民球団として発足。県内ライバルに打ち勝つと、東北大会ではTFU、須賀川、HOKUTOと先達のチームに競り勝ち初全国。高校野球でも健闘見せた弘前学院聖愛に続く「弘前旋風」起こせるか。

 まず、毎回毎回寸前にならなければ仕上がらないというスロースターターで申し訳ありませんが、とりあえずは初日の見所だけは記すことが出来ました。気がついてみたらプレイボールは7時間後。いやあギリギリで。
 初日に登場する江刺には同じ岩手チームとしてがんばっていただきたいところです。相手はMSH医療専門学校…今の江刺の主軸投手陣と歳が近い選手たちとの対戦。勢い良く中国四国地区を勝ち進んだ彼らとの戦い、簡単ではないとは思いますが、それでも、ですね。
 まず、どうにかこうにかして4日間記事を書くことが出来れば、と思っています。この大会に参加される皆様の奮闘を願い、この部分の記事を閉じさせていただきます。


下記ランキングに参加しています。にほんブログ村 野球ブログ 社会人野球へ
にほんブログ村