MBC野球発信局-袖番号96 伊東勉のページ。

17年9月から移籍。こちらでは社会人野球など野球中心の記述をします。

下記ランキング参加しています。にほんブログ村 野球ブログ 社会人野球へ
にほんブログ村
社会人野球ランキング

465歩目 全日本クラブ野球選手権2日目の結果+3日目の見所。

 日付も変わりまして9月8日になりました。
 「今頃はバスの上」悔やんでも話にならないので、7日に行われたクラブ野球選手権の結果をJABAのHPを元にお送りします。

【水沢駒形4-2WEEDしらおい】
 1-1の同点で迎えた3回に駒形は2点奪い勝ち越し、4回にも1点奪い試合の主導権を握り、投げては加藤→高橋徳→松本とつなぎ1勝をあげた。しらおいは13安打を放ち猛追を見せたが要所を押さえられ緒戦敗退となった。

【全足利3-2福井ミリオンドリームス】
 全足利の“完全男”庭月野と福井のエース黒岩の投げあいは熾烈を極めた。初回の点の取り合いは2-1。しばらく0が続いた8回に福井は追いついたが、足利は9番の吉田智の一打で勝ち越し、そのまま逃げ切った。

【和歌山箕島3-2サウザンリーフ市原
 実績では上回る箕島だったが、市原が下克上の勢いそのままに箕島に食らいつく好ゲームとなった。先制は箕島も市原が佐瀬、柿原の適時打で一時は逆転。しかし箕島は6、7回の攻撃で逆転すると、終盤は宮迫が市原打線を抑え逃げ切った。

【東北マークス5-0ビッグ開発】
 沖縄での台頭を見せているビッグ開発だったが、マークスは臆せず、JT、NTT、TDKで鍛えた猛者が勝負どころでしっかり点を奪い、投げては佐藤文→若松の若手本格派継投で4安打完封リレー。いい形で勝ち上がった。

 今日の感想ですか。
 まずは駒形、マークスの東北両ライバル。両チームとも対戦相手は地域チャンピオンが相手でしたが、駒形は競り勝ち、マークスはしっかりした形で勝ち上がりました。ともに次戦も優勝経験のある強敵ですが、突破していただきたいものです。
 そして足利、箕島に食らいついた福井、市原。この両チームも地域で勝つことは簡単ではありませんでした。特に市原は都市対抗の予選では県一次予選で優位に立ちながら他チームの下克上を許した悔しさも。そのつばぜり合いを次の戦いの糧にしてください。

 では、明日…じゃなかった今日の試合を紹介します。

◇第一試合 WIEN94-MSH医療専門学校
 接戦を勝ち抜いたいぶし銀WIENと、若さで波に乗るMSHの対象的なチーム。波に乗るのはどっちが先か。

◇第二試合 ミキハウスREDS千曲川クラブ
 ミキハウス都市対抗も経験した強力な2本柱の投球で緒戦を制した。しかし千曲川も東京ドーム経験者は多い。“伝道師”がチームに大きい風を起こし、歴史を作る一戦に。

◇第三試合 水沢駒形-全足利
 クラブ野球の形態・勢力図が変わる中、全国に挑み続けている古くからのチーム。緒戦はともに競り合いを制してきた。これまでの対戦成績は足利が優位も“これまで”を跳ね返して伸長を見せたい駒形がどう戦うか。

◇和歌山箕島球友会-東北マークス
 去年準優勝の箕島は継投で緒戦を勝ち上がった。今年こそは、と考えるとここでは負けられない。一方マークスは佐藤、若松で初戦勝ったのは大きい。打線がどう援護していくかがカギを握る。


 諸々の事情で関東所要行きを取りやめました。西武ドームに行こうとしたのはあくまでも「午前の空き時間」だったのに加え、所要がつぶれてしまってはどうしようもありません。駒形の皆様には申し訳ございませんが岩手から応援しています。
 今日も勝ち残った8チーム皆様の健闘を願いながらこの項を閉じさせていただきます。お付き合いいただきありがとうございました。


下記ランキングに参加しています。にほんブログ村 野球ブログ 社会人野球へ
にほんブログ村